交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

【交換留学インタビュー】カーネギーメロン大学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 新井康平くん」

【交換留学インタビュー】カーネギーメロン大学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 新井康平くん」

【交換留学インタビュー】カーネギーメロン大学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 新井康平くん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回はカーネギーメロン大学に交換留学予定の慶應義塾大学の新井康平くんにインタビューさせてもらいました。カーネギーメロン大学に行くチケットをどうやって勝ち取ったのか細かいところをお聞きしました!

当日は三田キャンパスのカフェテリアに集合、エンジニア気風の新井くんは、一見静かそうに見えて交換留学への熱い思いを語ってくれました。

まずは、カーネギーメロン大学がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.カーネギーメロン大学とは???

カーネギーメロン大学は1900年に設立された、アメリカの中でも非常に研究が盛んな大学です。電気・コンピュータ工学やコンピュータサイエンスなど、テクノロジー分野で世界的に有名な大学であり、理系分野が非常に優れています。世界トップレベルのリサーチ型大学で、これまでに19名のノーベル賞受賞者を輩出しています。

2.カーネギーメロン大学に行く新井康平くんにインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、交換留学に行きたいと思ったきっかけを教えてください。
海外に対する憧れは高2の春の時でした。高2の冬に学校の研修でイギリスに行ったことがきっかけです。
イギリスで活躍してる人に単純に憧れを抱きました。全く別の環境で何かしら打ち込んでみたいと思ったのです。 大学に入った後に大学院留学を考えていたのですが、英語力がどちらにしろネックになると思ったのでならば学部生のときに交換留学すればいいと思いました。慶應義塾の奨学金をとれば日本にいるのと同じ金額で過ごせるのも魅力でした。
当初自分の中で交換留学は語学留学くらいの位置づけでした。今では学びたいことが見つかりましたが、英語を練習したいという要素が強かったのは確かです。
多様性の中に身を置いてサバイバルする!的な笑
選考の時点では、広告を学びたかったのでビジネスとアートを学べる、カーネギーメロン大学にしようと思いました。しかし、最終的にコンピュータサイエンスを専攻することに決めました。テック系企業でインターンしたことがきっかけで、コンピュータサイエンスに興味をを持ったからです。
また、カーネギーメロン大学はビジネスの授業を交換留学生向けに公開していることも魅力的でした。(多くの大学では、ビジネスの授業が人気があるため交換留学生はとれない場合が多い。)

トフル(TOEFL)はどうやって勉強しましたか?
最終的な点数はアイエルツ6.5でした。
アメリカだからトフルというわけではないので、簡単なアイエルツを受験するといいと思います。一番最初は大学1年生の冬にアイエルツ5.5をとりました。勉強せずに解いてそのくらいでした。
カナダ(高校から直接留学)に留学してる友人がいたので、公式問題集を借りました。
リスニングはいまいち伸びませんでしたがCNN Student News Pod castを暇な時に聞いていました。
スピーキングは英語の独り言を繰り返していましたが、点数は伸び悩みました。

Gates Hillman Centersといって、コンピュータサイエンス学科の建物

カーネギーメロン大学を選んだ理由は何ですか?
最初はビジネスが学べる優秀な学校という理由で選びました。しかし、現在はコンピュータサイエンスの名門という部分で多くのことが学べると思っています。
大学2年の秋に某ITメガベンチャーでインターンを初めました。この先コンピュータ分野の知識がないのはもったいないんじゃないかと思い、実際に勉強したいと思うようになりました。

面接で何を聞かれましたか?
面接は半分英語でした。面接官に英語の面接官がいたのでその人が中心に質問してきた面接の後半は英語が多かったです。
1分で志望理由と計画を話してくださいと聞かれた後に、
中国語は大学から始めましたか?と英語で聞かれました。
そして再び英語で統計学の成績がBであるけれどもカーネギーメロン大学でやっていけるかどうかを聞かれました。この時は微積がAだったので大丈夫だと答えました。
最後に聞かれたのが、志望校の並べた順番です。
第1志望から第6志望までなぜこの順番で並べたかを英語で問われました。そもそも、メディア・アートを学びたくて、テック系で強い、メディア・アートで強い大学を探していたと説明し、カーネギーメロン大学はそれをみたしてて、ビジネスも学べるので第1志望にしたと説明しました。

University Centerといってホールやジムなどが入っている建物

エントリーシートには何を書きましたか?
内容に関しては、ロジカルにわかりやすくして、フィードバックを多くの人にもらいました。
過去・現在・未来の一貫性を出すことが大事だと思います。
将来こういうことがしたくて、それを実現するためにはカーネギーメロン大学への交換留学を達成することが必須であると書きました。
志望理由の段階から大学を1つに絞るべきだと思います。
留学計画は大学を絞らなくてもいい、そして必然性を出しに行くことが大事です。

カーネギーメロン大学に期待するものとは?
学びと人脈を得たいと考えています。
コンピュターサイエンスの三本の指に入るカーネギーメロン大学では、環境・学びの質が高いです。
人脈という面では現地の授業で優秀な学生とコネクションを作り、意見を交換するのが重要だと考えています。

後輩に一言お願いします!
学びたい対象がないからという理由で交換留学をあきらめちゃってる人が多いと思います。でも僕は、交換留学の目的が例えば語学能力の向上がメインでもいいと思ってます。(実際にそういう友達もいます。)交換留学はコスパいいし、給与型の奨学金もたくさんあるのでおすすめです。
目的はともあれ、とりあえず行くって決めることが大事。リスクばかり想像せずに、情報収集してみることが大事だと思っています!

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか? コンピューターサイエンスの分野は日本ではあまり発達していないので、海外で学ぶことは非常に有意義ですね!そして、アメリカの大学は非常に倍率が高く、交換留学の中でも最難関になります。

交換留学は語学力の準備に時間かかります。また、交換留学の選考には十分な対策が必要です。

無料相談会

アメリカ・カーネギーメロン大学への交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

アメリカ・カーネギーメロン大学への交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA