交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜学ぶ姿勢の違い〜 エラスムス大学ロッテルダムへ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、西村陸くん」

〜学ぶ姿勢の違い〜 エラスムス大学ロッテルダムへ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、西村陸くん」

〜学ぶ姿勢の違い〜 エラスムス大学ロッテルダムへ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、西村陸くん」

こんにちは!交換留学.com事務局の下川です!

交換留学の先輩を取材してみましたシリーズ、今回はオランダの大学から帰国した、経済学部3年の西村くんに取材させて頂きました!
海外の学生と日本の学生の学びに対する姿勢の違いを痛感したという彼は、現在もPCP(プロフェッショナル・キャリア・プログラムの略。経済学部に設置されており、すべて英語での授業を履修することが出来ます。)
に入って、帰国後も継続して積極的に英語を学び続けています!

どんな大学生活を過ごされていたのか、オランダの学生はどのような雰囲気だったのか?
ぜひご覧ください!

まずは、大学がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.エラスムス大学ロッテルダムとは???


エラスムス大学ロッテルダムは、1913年に設立されました。その名の通り、世界第1の貿易港であるオランダのロッテルダムに位置しています。15世紀オランダの人文学者、デジデリウス・エラスムスにちなんで名付けられた大学です。規模が大きく、生徒の多様性に非常に富んでおり、100以上の国からやって来た、約23000人の学生が7つの学部で学んでいます。特に、健康・富・ガバナンス・カルチャーという4つの視点に重点を置いた学びを提供しており、世界のトップ大学ランキングではコンスタントに100位以内に位置しており、もちろんヨーロッパでも高い評価を得ている大学です。

2.エラスムス大学ロッテルダムで主に何を勉強していましたか?

僕はオランダでも経済学部にいましたが、交換留学生は学部ごとに取れる科目が決まっていて、基本的にはその学部の授業しか履修できませんでした。しかも、オランダの大学は3年間で卒業。僕は2年の時に交換留学したから、向こうでは3年生用の授業から選ぶことになりました。ということで、基礎的な内容を扱う授業はほぼなくて、交換留学生でもかなり応用的な内容を扱った経済学を学ぶことができました。また、MinorとMajorの授業はかなり重点的にあって、1時間半くらいの少人数授業、慶應でいうゼミみたいな感じのものが週に3回ありました。僕はMinorでHappiness Economics、MajorではEconomics of Public Sectorを学んでました!それ以外の授業は週に1回でした。とにかく周りの学生の勉強に対する姿勢から沢山刺激をもらっていました。

3.授業はどのような感じでしたか?また、授業以外の時間などどのように過ごしていましたか?

そのゼミのような少人数のセッションは、先生から発言を求められることが多かったです!
それと、エラスムス大学では、オランダ語で学位を取るコースと英語で取るコースが全く別になっているので、心配しなくても授業は全部英語です!笑
僕は週に3回学校にいって、後の時間は勉強したり、せっかくのヨーロッパなんであちこち旅行に出かけたりしていました!
あとは、エラスムス大学に隣接しているHogeschoolという単科大学 (Rotterdam Business school)の人で、アジアの貿易について勉強してる人たちと仲良くなって、アジアのことについていろいろ話して、仲良くなれたのが楽しかったし、印象的です。日本語も彼らに教えていました。
キャンパスにヨーロッパの他の地域からの交換留学生が溢れていて、彼らに関してははちょっと遊んでるのかな?って印象は受けたけど(笑
でも、みんな本当に真剣に日々学んでいて、深夜0時まで空いている図書館は、曜日に関係なく毎日混んでいました。例えるなら、毎日が慶應の試験前のメディアみたいだった(笑)

4.交換留学先で驚いたことや、カルチャーショックを受けた経験があれば教えてください!

カルチャーショックとしては、かなり色々適当なところがあるなあというところです笑 電車が時間通りに来ることはまずありません笑
ルームメイトは、僕以外の2人がポルトガル人だったので、僕抜きでポルドガル語で話されたり、2人が全く掃除をしなかったりしたのはちょっと辛かったですかね…

5.交換留学先で得た貴重な経験はなんですか?

様々な国から来た人たちとの多くの出会いがあったことです。例えばカザフスタン人とか、日本にいたらなかなか会うことのできない国籍の人との出会いが楽しかったです。
あとは、勉強する姿勢の違いから学んだことは本当に多かったですね。おかげで、いつかマスターに行ってみたいなって、交換留学する前には考えてなかったようなことを思うようになったのは自分にとって大きい収穫だと思っています!

6.これから交換留学を考えている後輩に一言お願いします!

今は交換留学する人が多いので、ただ行ったというだけでは自分自身のアピールポイントにはならないと思っています。
アメリカやイギリスなど、メジャーな国への交換留学に流されるのではなく、自分にとって本当に価値ある交換留学とは何なのかよく考えてみてほしいです!
例えばオランダのような非英語圏に交換留学すると、日常生活で英語に触れる機会や訛りのない英語を習得する機会は減ってしまうけれど
でも、非英語圏だからこそ英語がネイティブでないことに対して引け目を感じずに学べるという側面もあると思います!

7.まとめ

いかがでしたでしょうか?「なんとなく交換留学に行きたい」という気持ちから交換留学の応募を考えるのはいいと思いますが、そこからどのようにして「交換留学」という大きなチャレンジに自分なりに価値を見出していくのかが鍵なのではないでしょうか。西村くんが言ってくれたように、本当に自分にとって価値ある交換留学が出来れば、志望理由書も論理の一貫したものになると思いますし、なにより将来を変えるチャンスや考え方をを交換留学中に掴めるかもしれません。

将来、海外で活躍するために交換留学は1つの手段です。

無料相談会

オランダへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

オランダへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存