交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

【交換留学インタビュー】経済学の父、アダム・スミスの卒業校!グラスゴー大学に行く慶應義塾生にインタビュー「2年 岩永浩輝さん」

【交換留学インタビュー】経済学の父、アダム・スミスの卒業校!グラスゴー大学に行く慶應義塾生にインタビュー「2年 岩永浩輝さん」

【交換留学インタビュー】経済学の父、アダム・スミスの卒業校!歴史ある名門校・グラスゴー大学に行く慶應義塾生にインタビュー「2年 岩永浩輝さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の下川です!

今回はグラスゴー大学に交換留学予定の慶應義塾大学の岩永浩輝さんにインタビューさせて頂いちゃいました。出願時まだ1年生だった岩永さんが、どのように交換留学を決意し、準備を進めていったのでしょうか。早速見ていきましょう!ワクワク!!

その前に、グラスゴー大学について詳しく見てみましょう!

1.グラスゴー大学とは???

活気あふれるスコットランドのメトロポリタンシティ・グラスゴーの中心部に位置するグラスゴー大学。なんと、経済学の父と称されるアダム・スミス、そして蒸気機関の発明や電気の単位でおなじみのジェームス・ワットなど、世界に名だたる著名人を輩出した学校であり、その教育レベルの高さが伺えます。実際に、2012年のQS世界大学ランキングでは上位1%にランクインしています。さらに、120か国から約25,000人が学ぶ多様性に溢れた環境も特色の1つで、2011年の留学生満足度調査では世界第1位を獲得しています。歴史ある美しい建物(ハリーポッターの世界のようです!ぜひ画像検索してみてください、癒されます。)、そして最新鋭の施設を持つ世界のトップ校・グラスゴー大学は、交換留学生がじっくり腰を据えて学ぶにはぴったりの環境のようです!

2.グラスゴー大学に行く 岩永浩輝さんにインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、交換留学に行きたいと思ったきっかけを教えてください。
自分が生まれる前ですが、仕事関係で海外を転々としていた両親の影響から、昔から海外にあこがれていました。また高校1年次にニュージーランドへ短期留学し、大学では長期で行きたいと考えるようになりました。当初は大学3年次の交換留学を漠然と思い描いていましたが、2年次出発が自分にとってもベストだとわかり、昨年9月初めに(締め切りまでかなりギリギリでしたが笑)交換留学の出願を決意しました。

トフル(TOEFL)はどうやって勉強しましたか?
自分はIELTSを受験しました。オーバーオールスコアでは6.5でした。ほぼぶっつけで受けたのでしっかりした対策の経験談はできないのですが、これと決めた対策本をやりこむべきだと思います。

グラスゴー大学を選んだ理由は何ですか?

慶應義塾の先輩のブログを見たのがきっかけでした。

まずグラスゴー大学の写真を一目見てその美しさに惚れました(笑) そのうえで、興味のある国際法や国際関係学が交換留学生にも開講されており、世界的にみても歴史ある高度な研究機関のグラスゴー大学に強く惹かれたからです。

面接で何を聞かれましたか?
志望理由書の内容を1分程度でまとめて話しました。
あと、これらが聞かれた質問と僕の答えです!外交官になりたい理由は?
→ニュージーランドへ行って以来英語を使って仕事がしたくなった。また先頭に立って物事を進めることが好きで外交官になって日本のリーダーとして世界と渡り合える仕事をしてみたい。秋学期に三田にて、現役の外交官の先生が開講してる授業に潜りますます外交への興味が湧いた。日吉で基礎を固める時期に交換留学に行きたいのはなぜか。2年次出発は早いのでは?
→遡求進級した上で外交官になるための国家公務員試験を受けるため。3年次出発だと帰国したら国家公務員試験は終わってしまっている。(出願時1年生のため)まだ英語力を磨く余地もあるだろうし、交換留学に向けての経験等でも準備不足にはならないか?
→英語は法学部のインテンシブコースにて週4回学び日頃から力を入れており、また高校時代はニュージーランドへの短期留学に加え、シンガポール大学に訪問して交流した際や、来日した韓国の高校生の歓迎会にて実行委員長を務め、先頭に立って外国の方と接する機会も多かったため問題ないと思う。あと、面接はいわゆる圧迫面接でした笑 最後の質問の後に、ずっと黙っていたもう1人の面接官から、”まだ1年生なんだから外交官にこだわらず視野を広げるべき”といった旨のお説教みたいなのを1分間ほどされて、その時は完全に落ちたと思いました笑

エントリーシートには何を書きましたか?
自分は現在は民間への就職を第一に考えているのですが、出願当時に外交官の仕事にも興味があったので、志望理由や研究計画がはっきりするようにあえて夢を外交官と完全に一本化してエントリーシートを作成しました。面接に至るまで、自分の過去の経験談も交えてスムーズに話を展開できたのでこのやり方はとてもうまくいったと思います。ただ上にあるように、面接官の先生の謎のお説教を頂く羽目にはなりましたが(笑)またエントリーシートは慌てて書いたので添削とかは特に受けませんでしたが、他の人に見てもらうことも大切だと思います

グラスゴーに期待するものとは?
充実した学びと多様な文化を持つ人々との出逢いです!綺麗なキャンパスでの生活も楽しみです。

後輩に一言お願いします!
交換留学によって日本での大学生活の一部が失われてしまうことは事実です。しかしもし、多少なりとも交換留学に興味があって迷っているなら、自分の長い人生にとって何がベストかを考えると答えが導けるのではないかなと思います。交換留学の選考は決して簡単に乗り切れるものでもないと思いますが、そこにチャレンジすることで得られることは多いはずです。これから挑戦される皆さんを応援しています!!

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか? イギリスへの交換留学は非常に倍率が高く、交換留学の突破が非常に難しいです。

そして、交換留学は語学力の準備に時間かかります。また、交換留学の選考には十分な対策が必要です。

無料相談会

イギリスへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

イギリスへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA