交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜交換留学の動機は過去の悔しさと未来への期待〜 ヨーテボリ大学に交換留学する慶應義塾生にインタビュー「3年 江口瑠咲さん」

〜交換留学の動機は過去の悔しさと未来への期待〜 ヨーテボリ大学に交換留学する慶應義塾生にインタビュー「3年 江口瑠咲さん」

〜交換留学の動機は過去の悔しさと未来への期待〜 ヨーテボリ大学に交換留学する慶應義塾生にインタビュー「3年 江口瑠咲さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回はヨーテボリ大学に交換留学予定の慶應義塾大学の江口瑠咲さんにインタビューさせてもらいました。ヨーテボリ大学に行くチケットをどうやって勝ち取ったのか細かいところをお聞きしました!

1.ヨーテボリ大学とは???

Photo credit: pennstatenews via VisualHunt / CC BY-NC-ND

ヨーテボリ大学は社会科学や自然科学から医学までを幅広く勉強できる大学です。1891年に創設されたヨーテボリ大学はウプサラ・ルンド大学と並ぶスウェーデン第三の大学です。世界大学ランキングでは150位前後にランクインしており、教育水準・研究水準の高さが有名です。

2.ヨーテボリ大学に交換留学する江口瑠咲さんにインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、交換留学に行きたいと思ったきっかけを教えてください。

大学生になったら交換留学したい、というのは昔から漠然と考えていました。一方で大学入学後は、日本での生活が充実していたことや、交換留学する意義を考えたときに「日本でもやること・できることはたくさんあるな」と思うことも多かったことから、交換留学に対する想いは何度も揺らいでいました。その中でも、大学の成績を取っていたことや、交換留学経験者の方や社会人の方から交換留学についてのお話を聞きに行っていたこと、交換留学フェアなどがある度に資料をもらいに行っていたことを振り返ると、やはり常に頭の隅に交換留学への意識があったように思います。

そんな私の交換留学の動機は「悔しさ」と「期待」です。

私は中学生の頃のブラジル滞在経験で、日本では不自由なくできた、自分の気持ちを伝えることや自分の力を発揮する、といったことがうまくできずに、たくさん「悔しい」思いをしました。その時の気持ちを原動力に、帰国後、例えば大学の授業や活動において「自分の考えを伝える」ということを常にしてきたつもりです。それでも、英語でのコミュニケーションになると日本語の時の自分が発揮できない。それがすごくもどかしくて、悔しくて、「どんな環境下でも自分を発信できる人間になりたい」という思いがどんどん強くなっていきました。

と同時に私は学生生活の中で、たくさんの人に出会い、様々な価値観に触れ、色んなことを学び、吸収し、(自分で言うのもなんですが笑)日々パワーアップしてきました。中学生の頃にはできなかったことも、様々な武器を手にした今の私なら乗り越えられることがたくさんあるのではないだろうか、自分がこれまでの学生生活でどのくらいパワーアップしているのか、そして交換留学生活でさらにどのくらいパワーアップできるのかが見てみたい!…そういった「期待」もモクモクと湧いてくるようになったのです。

この「悔しさ」と「期待」を胸に、交換留学を決意しました。

トフル(TOEFL)はどうやって勉強しましたか?
トフルは正直あまり対策ができていない状態で受験しました…。よし!留学するぞ!!!!!!と本気で留学準備に取りかかったのが遅くて、願書提出に間に合うギリギリの日程で受験しています(大反省)。幸いなことに志望校に必要なスコアは超えていたのでそのまま提出しましたが、留学を意識している方は、実際の願書提出の有無にかかわらず、早い段階で何度か受験をしているといいと思います。
トフル対策とは言えませんが、電車の中でラジオを聴いたり、問題集のかっこいいフレーズを覚えたり、お風呂に入る時に英語で考え事をしてみたり、といったことをしていたのは少しは意味をなしていたのかなと思います笑

ヨーテボリ大学を選んだ理由は何ですか?

 まず学問的には、①育児や雇用、社会システム、それに伴う社会福祉に興味があったので社会福祉先進国に行ってみたいと思っていたこと②難民・移民や多文化共生に関心を持っていたので、移民受け入れの長い歴史がある一方でBrexitや右翼政党の台頭が話題となっていたヨーロッパで、その取り組みの成功・失敗を学びたいと思っていたことからスウェーデンを考えるようになりました。

また大学のサークル活動で出会ったスウェーデン人が皆優しく素敵な人たちであったことや、スウェーデンについての本や記事を読むなかで、スウェーデンという国自体に魅力を感じていたことも大きかったと思います。ヨーロッパ旅行たくさんしたい!!というのも動機のひとつです笑

エントリーシートには何を書きましたか?

ざっくりとした構成は、将来の目標→目標を持った理由・経験→そのために留学では○○や○○といったことを達成したい→結び、という感じです。私の場合○○の中には、①社会福祉を学びたいこと②多文化共生を学びたいこと③英語力や学問の専門性の向上だけでなく、発信力のある人間になりたいこと、の3つを大きな軸として書いています。

多くの人が言っているかと思いますが、過去―現在―未来や、自分の目標とその根拠の一貫性を意識することが大切だと思います。これを行うにあたって、「なぜ私は留学をしたいのか」「なぜこの国に行きたいのか」「なぜ社会人じゃなくて大学生の今留学したいのか」…のように、「なぜ」の作業を突き詰めてみてください。それから、考えるだけでは整理されないので、周りの人に今考えていることを言語化して話してみるといいと思います。きっと自分が留学をしたい本当の理由、原動力、軸が見つかるはずです!

面接で聞かれた内容とは?
私は「留学に対する熱い気持ち」というよりも、志望理由書に書いていた「社会的弱者やマイノリティーの住みやすい社会の構築」というフレーズについてすごく聞かれました。「このことについて興味を持ったきっかけは?」「移民や外国人労働者について触れているけれど、実際に身近な人物とか体験があったの?」といった質問が中心だった気がします。また私は最後の4割くらいを英語で質問されたのですが、「こういう社会的弱者やマイノリティーの問題って解決すると思う?」と聞かれて、「え、そこそんなに深堀する!?もう少し留学に対する想いを語りたい…」という感じで、私的には不完全燃焼なインタビューでした笑

ヨーテボリ大学に期待するものとは?
ヨーテボリ大学では、様々な学部の授業を履修する予定です。社会科学部では世界のメディアやスウェーデンの比較政治を、スウェーデンモデルにおける家族制度やジェンダー、労働市場についてビジネススクールで学ぶ予定です。苦労することもあると思いますが、自分の興味のある分野について、多様なバックグラウンドを持つハイレベルな学生と学べると思うと今からとても楽しみです。授業はレクチャーだけでなくグループワークやセミナーの形式で行われるので、皆から多くのことを吸収するとともに、自身も積極的に発信できたらいいなと思います。
学部の授業以外にスウェーデン語のクラスもとることができるので、スウェーデン語も少しはできるようになって帰りたいなーと思っています。スウェーデン語話せる日本人ってあんまりいなさそうなので、話せたら楽しそうじゃないですか?笑 それからヨーテボリ大学は留学生も多いようなので、そこで開催されるイベントやサークル活動のようなものにも積極的に参加したいですね!

後輩に一言お願いします!
留学に行くという選択、日本でやりたいことを見つけてがんばるという選択のいずれをとるにしても、準備は大事だと思います!私自身がエンジンを切るのが遅いので…笑
迷っているのであれば、とりあえず何かに取りかかってみてください!行動すればするほど、準備が早ければ早いほど、選択肢は広がっていきます。
私はこれから留学生活がスタートするので、留学超オススメだよ!と言うことはまだできませんが、少なくとも出発までの間の準備期間で、留学を決意したことで広がった人脈やそこで出会った様々な価値観、日々考え、語り合いながら過ごした刺激的な学生生活は、今までの人生の中で最も豊かで充実したものだったように思います。この準備期間を経て経験するこれからの留学生活は、きっとかけがえのないものになるはずです。ぜひ皆さんにもこの感覚を味わって、留学に旅立ってもらいたいです。何かあればいつでも連絡してください。皆さんの決断を全力でサポートします。応援してます!がんばってください!!

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?
スウェーデン留学は交換留学の中でも非常に人気です。客観的に合格可能性の高い書類を作らなくては合格できません。

そして、交換留学は語学力の準備に時間かかります。また、交換留学の選考には十分な対策が必要です。

無料相談会

スウェーデンへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

スウェーデンへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA