交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜ドイツ語にどっぷりつかる交換留学〜 ハレ大学に交換留学中「霜越大海さん」

〜ドイツ語にどっぷりつかる交換留学〜 ハレ大学に交換留学中「霜越大海さん」

〜ドイツ語にどっぷりつかる交換留学〜 ハレ大学に交換留学中「霜越大海さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です。

今回はドイツ東部にあるハレ大学に交換留学中の霜越大海さんにお話をお聞きしました!

ドイツでドイツ語にどっぷりと浸かり、なかなかドイツ語を理解できない中でどうやって生活を乗り切っていくのか?

授業の様子など、ドイツでの生活をお聞きしました!

ドイツへの交換留学を考えている人、交換留学先で法学を学びたいと考えている人は必見の記事です!

1.交換留学先にハレ大学を選んだ理由

ドイツを選んだ理由としては、かねてからドイツの文化・歴史に興味があったことと、大学1年生のころから参加していた慶應義塾大学でのドイツ語インテンシブコースで学んだドイツ語にさらに磨きをかけたいとの思いがあったからです。

ハレ大学を選んだ理由としては、法学部が高い評価を受けていること、慶應義塾から交換留学でハレ大学に来た学生向けの奨学金制度があるということが決め手になりました。ハレ大学法学部に在籍しているドイツ人からも、ハレ大学の法学部はドイツ国内でも名高いと聞きました。設備も整っていて、法学部の授業が豊富であること、メインキャンパスになんと法学部専用の図書館があります。

大学の図書館

2.交換留学先、ハレ大学での生活

ハレは旧東ドイツ、ザクセン=アンハルト州に位置する人口二十数万人の中規模の都市(これでも州内では実は最大!しかしドイツ人の間でも知名度は高くないようです)で、ベルリンやケルンなどのドイツの大都市に比べれば静かな街です。しかし、街には路面電車網が張り巡らされていて、お店も一通りそろっているので、生活に不便を感じることはないです。

住まいは3人共同で使用する学生寮に住んでいます。寮といっても管理人は週に2日しかおらず、門限もないため、どちらかといえばシェアハウスに近いです。意外と広い寝室兼書斎は一人一部屋与えられていますが、トイレ、シャワーとキッチンは3人で共同で使用しています。

前学期は、たまたま日本に1年間留学経験のある日本学科のドイツ人が同居人で、彼にパーティー(という名の宅飲み)に連れて行ってもらい、そこで日本語学科のドイツ人達と知り合うことができました。結構な数の学生が同じ学生寮に集中していて、毎週のように彼らと集まって飲んで語り合っていました。ドイツ人同士のドイツ語の会話は早すぎて最初はわからなかったので、へこむ毎日でしたが、数か月辛抱強く聞いて会話しているとだんだん理解できるようになります。

毎週水曜日はハレ大学の日本学科の学生が集まるStammtisch(毎週同じ場所で開かれる自由参加の飲み会)が開催されていて、毎週のように足を運んでいました。集まる学生はまだ学士過程で日本語学科といえども日本語学習歴は長くない学生が多いのですが、逆にドイツ語で会話がずっと行われるので、ドイツ語を学ぶチャンスでもあります。
ドイツ語の授業やStammtischの開催、寮での共同生活などを考えると、現地の学生と触れ合う機会は多いのではないかなと思います。

イースターに合わせてドイツ人の医学科の友人がイースター用のケーキを作って持って来てくれた際の写真

3.交換留学先、ハレ大学授業の内容や難しさ

特段履修制限があるわけではないようで、かなり自由に授業を履修することができます。法学部の授業はほとんどがドイツ語で行われますが、中には英語で行われる講義などもいくつかあるようです。先生が話すドイツ語はもちろん現地のドイツ人学生向けなので非常に早く難解です。ペースも早く、慶應では一年間かけて学習する刑法の総論を1学期で終えてしまいます。しかし、メールや直接授業後などに交渉すれば、法学部では、大半の先生が期末試験を筆記試験ではなく留学生向けの口頭試験に変えてくれます。先生方もフレンドリーに対応してくれます。口頭試験は留学生向けということもあってそこまで難しくはないです。(口頭試験ももちろんドイツ語で行われ、試験範囲自体はめちゃくちゃひろいですが!)

学部や授業によっても留学生に対しての措置に違いがあるそうで、ハレ大学に交換留学で在籍しているほかの日本人学生が受けた日本語学部の授業では、普通の試験を受ける代わりに辞書持ち込み可、あるいは試験の代わりに課題をこなすといった代替措置がある場合もあるようです。
不安があったら、一人で悩むのではなく、まず受けたい授業の先生にとりあえずEメールを送ってみるのがよいと思います。

大学の法学部棟

4.こういう人にはハレ大学がおすすめ!

旧東ドイツの、古い町並みが好きな人にはハレはおすすめです!大学近くの街並みは、高い建物はないものの、きれいでこれぞヨーロッパといった美しい様式の建築であふれています!
あと、ドイツ語にどっぷりつかりたい人は、ハレをお勧めします!学生はたいていの人は流ちょうに英語を話すことができますが、店や道端ではほぼ通じません。逆に言えば、ドイツ語を勉強しなければ生きていけないので、ドイツ語に浸ることができます。

ルームメート/日本学科の友人と地元のスケート場に行った際の写真

5.交換留学を考えている後輩へ一言

おそらくいろいろと不安が尽きないと思いますが、大体のことはどうにかなります。
日本でできる限りドイツ語を勉強するほうが良いと思いますが、いくら日本で勉強してもおそらく先生が言っていることやドイツ人同士の会話をはじめから完璧に理解するのは無理です。ドイツ語歴6年以上のドイツ語を流ちょうに話すスロヴァキアから来た留学生でさえ、講義のドイツ語はよくわからないといっていました。しかし、根気強く数か月授業を受けていれば、慣れてきてだんだんドイツ語のリスニング能力も向上していきます。あまり悲観せずに、留学に臨んでみてもよいと思います! Viel Glück!

6.まとめ

いかがでしたでしょうか?

語学の上達を目指すためには根気強くドイツ語を聞き続けること、諦めずに練習することが大事です。

霜越さんは交換留学することでそのような環境を手に入れることができました。

霜越さん、ありがとうございました^^

まずは交換留学先のことをよくリサーチすることがとても大切です!

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

 

 

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

無料相談会

フランス留学について悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

留学に関する無料相談

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA