交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜悔いのない学生生活にしたい!〜 HEC経営大学院に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 辻上愛里さん」

〜悔いのない学生生活にしたい!〜 HEC経営大学院に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 辻上愛里さん」

〜悔いのない学生生活にしたい!〜 HEC経営大学院に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 辻上愛里さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の下川です!

今回はHEC経営大学院に交換留学予定の慶應義塾大学の辻上愛里さんにインタビューさせてもらいました。

HEC経営大学院は、慶應義塾では経済学部生のみが応募可能な「経済学部独自枠」のうちの1つです。
経済学部専用の枠ということもあり、ビジネスの分野で世界トップレベルの学びが出来る、とっても魅力的な学校です!

交換留学を学生時代に必ずやっておきたかったのだという彼女。
交換留学への応募を迷っていらっしゃる方はきっと彼女のメッセージが後押ししてくれると思いますので、必読です!

まずは、HEC経営大学院がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.HEC経営大学院とは???


HEC経営大学院は、フランス・パリ郊外にあるビジネススクールで、グランゼコール(フランスの国立教育機関のうち、各分野でのエリートを育てるために設立された学校群を指す)の1つです。
モットーに”The more you know, the more you dare.”を掲げています。より多くの知識を身に着けることでさらなる意欲が生まれるということですね…かっこいい!
フランスやヨーロッパの財政界に優秀な人材を多く輩出しており、多くの卒業生が世界経済をリードする存在となっています。Financial TimesのEuropean Business School Rankingsでは例年第一位に輝くなど、
世界的評価も非常に高く、その教育の質の高さが伺えます。
公式に要求されるのは英語のスキルのみですが、フランス語教育にも力を入れているため、英語の次にフランス語をマスターしたい!という方もいいかもしれません!
世界各国の大学とダブル・ディグリー・プログラム(2校両方の学位を取得できる)による提携をしており、慶應義塾大学大学院経営管理研究科(慶應のビジネススクール)とはその協定を結んでいるようです。

2.HEC経営大学院に行く辻上愛里さんにインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、HEC経営大学院に行きたいと思ったきっかけを教えてください。
交換留学は大学入学前から考えていました。帰国子女で幼少期から海外と日本を行ったり来たりしていたのですが、高校からは日本に帰国していていて、なんとなくもう一度海外で勉強したいと言う気持ちがずっとありました。そんな中、慶應では世界トップレベルの大学との交換留学プログラムが多数あり、また交換留学なので自分で留学するよりずっと経済的負担を抑えることができることを知りました。また、海外留学は社会人になってからでは容易にできることではないと思うので、就職の時期が近づく中、学生のうちに必ず経験しないといけないという強い思いがあり、交換留学を決意しました。
実は1年生の時に慶應経済のダブルディグリープログラムの選考に応募していました。パリ政治学院に2年間通えて、慶應とパリ政治学院の双方から学位を取得できるというすごいプログラムなのですが、面接の準備不足で不合格となってしまいました。
一度はもう交換留学はせずにこのまま卒業しよう、ということも考えたのですがやはり学生時代後悔したくない!と思いもう一度交換留学を決心しました。ようやく決心した頃には2年生時の全塾の交換留学1期募集が終了してしまっていたため経済学部枠から応募することにしました。経済学部枠の中でHEC経営大学院は唯一のビジネススクールだったので、真っ先に興味を持ちました。学生のうちに、よりビジネスに近づいた知識をみにつけたいという思いがあったので世界的に有名なビジネススクールであるHECは私にはぴったりでした。また、1年生の時にパリ政治学院に応募していたこともあってフランスに未練があったのかもしれないです。

TOEFLはどうやって勉強しましたか?
1年生の時に100点程度を取得しました。帰国生で、特に対策は行いませんでした。

エントリーシートには何を書きましたか?
自分の過去と交換留学、将来をいかに結びつけるかをすごく考えました。私の場合はインターンシップの経験からマーケティングに興味を持ち、海外での生活経験から将来は国際的な舞台で活躍したいという目標がありました。これを元にエントリーシートでは、これらを実現するためにはHECへの交換留学が必要であるということをアピールしました。

面接で何を聞かれましたか?
予想外なことに、当日行ってみるとグループ面接でした。また、英語と日本語半々と聞いていたのですが、一切日本語の場面はありませんでした。面接では、言いたい人から話して、という形式で次の質問をされました。
①志望動機
②成績について私は特に必修科目の成績が良くなかったので、ここはかなり突っ込まれました。以前のパリ政治学院の面接では、この質問でうまく答えられなかったのですが、今回はきちんと準備して臨めました。私は、学業以外にも熱心に取り組んでいたことがあったというように説明しました。(インターンシップ、リーダーシッププログラム、学生会議など)
③②の質問の答えに対して、少し厳しい感じの教授に「君の答えは就職活動ならば非常に良い答えかもしれないけど、学業を重んじる学校の交換留学面接ではどうかと思うよ?」というような厳しいお言葉をいただきました。たしか、確かに学業は大事だが、私は学校外の活動に取り組んだおかげで他の人にないような経験を積むことができたというように回答したと思います。(はっきりとは覚えてません。)面接の最後に1年間派遣できるかどうかわからないのだけどそれでもいいか、という質問を教授が生徒に投げかけました。しかし私は1年がどうしても無理なら半年でも良いが、やはり1年が良い!というような強気の姿勢で回答しました。面接官もちょっとびっくりしてましたが、この時一番自分の熱意を伝えることができたんじゃないかなと思います。笑

HEC経営大学院に期待するものとは?
ビジネス経験のある教授や学生や毎回実際のビジネスケースを元にした講義、有名企業との強いコネクションというように、本当に恵まれた環境で勉強することができるのでたくさん吸収して帰ってきたいと思います。また三田では取れないような、実践的なビジネスの面白い授業(ワインマーケティング、ラグジュアリーブランドの基礎やビジネスネゴシエーションなど)がたくさんあるので本当に楽しみです。

後輩に一言お願いします!
私もそうだったのですが、実際応募するとなると準備が大変ですし、成績があまり良くなくて応募することを悩んでる人など、応募を躊躇している人はたくさんいると思います。ですが、本当に少しでも行きたいという気持ちがあるなら応募してみてください!よくゆわれていることですが、やった後悔よりもやらなかった後悔の方が絶対大きいです。

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?交換留学をあきらめるくらいなら一度がむしゃらに頑張って準備をし、応募してみてはいかがでしょうか。応募しなかった後悔より挑戦して失敗する方がこの先の人生の糧になります。
そして、一生懸命準備した結果は、交換留学の選考においては報われることが多いです。自分の交換留学への思いに向き合い努力した成果は、志望理由書や面接での自分の言葉に活きてくるからだと個人的には考えています…!

私自身、1度交換留学の選抜に落ちたのですが、2回目に挑戦してよかったと心から感じています。
ぜひ挑戦してみてください!

交換留学は語学力の準備に時間かかります。また、交換留学の選考には十分な対策が必要です。

無料相談会

フランスへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

フランスへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA