交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜交換留学でしかできない経験と挑戦〜 インドネシア大学へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、田中優衣さん」

〜交換留学でしかできない経験と挑戦〜 インドネシア大学へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、田中優衣さん」

〜交換留学でしかできない経験と挑戦〜 インドネシア大学へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、田中優衣さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回は交換留学から”帰ってきた”慶應義塾大学の先輩を取材しました!いままでのインタビューではこれから交換留学に行く慶應の方々を取材し、どうやって選考を通過するかをお聞きしてきましたが、今回はインドネシア大学での生活や過ごし方、そして経験や自分の人生がどう変化したかをお聞きしました。インドネシアは新興国ということで日本と違う習慣や文化に戸惑うこともあったようです。是非その点にも留意して読んでみてください!

どんな大学生活を過ごされていたのでしょうか?
ぜひご覧ください!

まずは、インドネシア大学がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.インドネシア大学とは???

インドネシア大学は1950年に設立されたインドネシア一の名門大学です。インドネシア語だけでなく英語で履修なクラスも多くあり、新興国であるこの国でインドネシア語を学びながら経済成長の空気に触れるという交換留学生も多いようです。

2.インドネシア大学に交換留学した理由

入学当初から大学で第二外国語として勉強していたインドネシア語をきっかけに、交換留学を考える前から東南アジア社会へ高い関心を持っておりました。本格的に考え始めたのが大学2年生に行ったベトナムでの1ヶ月間にわたる夏期インターンを終えたばかりの時で、「時間が短く物足りない」と感じていた自分の気持ちに気付いて、東南アジア留学をしようと決意し限られた時間の中応募しました。(応募したのは大学2年の秋でした。)かつ現在の学部ではインドネシアや東南アジア社会に関する授業が少なく、語学力向上と東南アジア地域論を学びたいという思いもインドネシアへの交換留学経験のある先輩方から聞いているうちに生まれ、交換留学へ応募をしようと決めました。
…と格好の良い事を言いましたが、根本的にはまずインドネシアという国や東南アジア各国の社会の雰囲気や人々が純粋に好きだったというのが決め手です。

3.インドネシア大学で履修した授業について

前期は語学の勉強、後期は英語とインドネシア語で開講されている大学の授業を履修しておりました。前半の語学授業は徹底的に文法やライティング、ディスカッションの実践を同じ外国人の方々と共に行っただけでなく、課外授業としてインドネシア文化に触れる体験も行えました。後期は、交換留学生用の英語で開講される国際コースがあるのですが、私は現地大学の一般クラスに混じったため完全に現地人に囲まれての授業でした。インドネシア地域論関連の授業を取っていたのですが、ディスカッションが中心の為当初は語学力・知識量の遅れ・価値観の違いから困惑したり悔しさを覚え自己嫌悪に陥る事も当初は多かったです。ただ、気持ちを切り替えて勉強を積み重ねたのと、賢く意識の高い学生の友人がサポートしてくれたりなどしたお陰で、授業内容を非常に楽しむ事ができました。正直、もう一学期間勉強したいと思ってしまったほどです(笑)

4.交換留学先で驚いたこと、文化の違いなど

交換留学先では、何と言っても先進国・日本との環境や価値観の違いに驚き戸惑うことがよくありました。最もショッキングだった経験の一つが、ジャカルタ郊外にあるインドネシア最大の廃棄物最終処理場を訪問した際に目にした光景です。ゴミが山のようにそびえ立つ中、リサイクルの為のゴミ収集を生業としている方々が働いている光景です。普段住んでいるエリアは多少汚いもののある程度清潔な環境だったので、このゴミ山の悪臭漂う中働いている人がいる光景がそう遠くないエリアにあったという事が今でも鮮明に記憶に焼き付いております。
また、ジャカルタではよくゴミの不法投棄や道端でゴミが燃やされる光景、道端でゴミを詰めたリアカーを引っ張っている方々が歩いていたりの物乞いなどが当たり前のようにあるのは、衛生観念の違いや文化・環境・経済の違いなどに気づかされる身近で衝撃的な事だったかと思います。

5.交換留学先で得た貴重な経験

正直どの経験が最重要であったのかを選ぶのは難しいのですが、この交換留学期間中は私はできるだけ国内外の様々なエリアに行き風土や文化を知ろうと思って旅に出ていたのが、良い経験となったかと思います。そういう滅多に行けないようなエリアは友人や知人の紹介で案内してもらったりする事が特にインドネシア国内では多く、この1年で小さな村からイスラーム寄宿舎、大自然が残る島々や美しい海にマングローブ林、伝統が残るエリアなど国内だけでも様々な場所を訪れました。それだけでなく、親切でフレンドリーなインドネシアの方々と仲良くなったのも感慨深いです。この交換留学期間、ただ机に座って勉強するだけでなく実際に起きている世界に直接触れられたことによって、明らかに私の世界は広がったと実感しております。

6.後輩に一言

交換留学は色々と日本では出来ない様な事に挑戦したり触れたりする時でもありますが、同時に自分自身と向き合う機会だと思います。交換留学先・インドネシアでの経験を書きましたが、私は「日本から来た人」という目で見られるため、自身のアイデンティティや祖国・日本への関心が高まったりもしました。人によって交換留学から得られる経験はまちまちだとは思いますが、価値ある経験になるのは間違いないと思っています。あと、何が起きてもどんな環境に置かれても全く動じない位には逞しくなれます(笑)
語学力や純粋に海外に出ることへの不安感もあるかもしれませんが、是非挑戦してみてください!

7.まとめ

いかがだったでしょうか? 交換留学では、今まで日本ではできなかったような経験ができます。

無料相談会

インドネシアへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

インドネシアへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存