交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

「就活して4年で卒業」ばかり頭にありませんか?こんな素敵な道もあるんです~ドイツの大学院に進学された田口さんにインタビュー~

「就活して4年で卒業」ばかり頭にありませんか?こんな素敵な道もあるんです~ドイツの大学院に進学された田口さんにインタビュー~

「就活して4年で卒業」ばかり頭にありませんか?こんな素敵な道もあるんです~ドイツの大学院に進学された田口さんにインタビュー~

 こんにちは!交換留学.com事務局の下川です!
今回は、交換留学後に海外の大学院へと進学された田口さんにインタビューさせていただきました!
卒業後どうしよう?私は何がしたいんだろう?留学経験の有無や学年を問わず、多くの人が経験する悩みの一つではないでしょうか。(私もその一人です笑)しかし、私自身交換留学を通して、様々な経験や出会いに恵まれたことで、「大学卒業後、すぐに社会に出なければならない」という概念(私はこれが強かったんです)から解放され、実に様々な進路があることを知りました。その中の一つに大学院への道があります。進路に迷っている方、大学院進学を考えている方はもちろん、自分の選択した進路に自信が持てなかったり、「これがやりたい!」ということがあるのに、なかなか挑戦できずにいたりする方にも是非読んでいただきたい、素敵なメッセージがぎゅっと詰まったインタビューになっております!
お忙しい中お答えいただいた田口さん、ありがとうございました!
それではお読みください!

1. 交換留学を志したきっかけは何ですか?

 

 交換留学や大学院進学のきっかけを話したところ、「いつも他人本意だね」と言われたことがあるのですが(笑)、私の場合ドイツ語インテンシブコースでお世話になっていた教授から「どうして1年行かないの?」と言われたことが思考の転換点でした。それまでは学部3年次の夏に2か月間だけDAAD(ドイツ学術交流会)の奨学金プログラムによる語学研修に参加するつもりで、交換留学はまったく考えていませんでしたし、行き先が第二外国語であるドイツだったこともあって、自分にそこまでの実力があるとも思っていませんでした。

 国際学科の高校に通っていたこともあって、1、2年次には個人的に英語の語学研修に参加したり、インテンシブコースでも研修旅行に参加したりと、海外での勉強に興味がなかったわけではないのですが、それまで一度も長期で日本を出たことのなかった私はどこかで自分の選択肢を狭めてしまっていました。あのときの問いかけが「交換留学行かないの?」であったら「考えていません」と答えていたかもしれませんが、「どうして行かないの?」と聞かれたことで答えに詰まり、日本に残る明確な理由があるというよりも留学に対する不安や恐れを言い訳にしていたことに気づかされました。

2. 交換留学をしてみて得られたこと・見つけた今後の課題などは何でしたか?

  個人的に、交換留学を経験した人に感想を聞くと「すごく楽しかった」という人と「すごく辛かった」という人に二分される気がするのですが、私は前者です。とはいっても、私がドイツにいた当時 (2015秋~2016夏)のヨーロッパはちょうど難民の流入による影響で政治が不安定だった時期で、各地でテロが多発していましたし、初めはコミュニケーションもままならなかったり、入寮の日程を忘れられていたりと(笑)、ハプニングに見舞われたり文化の違いにもどかしい思いをすることもたくさんありました。

 それでも「楽しかった」と断言できるのは、何もかも「できない」のが当たり前、という状況を初めて経験し、前向きに開き直ることができたからだと思います。第二外国語での留学ならではかもしれませんが、語学もままならないままたった一人で現地に飛び込んだことによって、分からない・できないときは周りの人に聞く・頼る・何度でも確認する、ということをしないと生活できなくなり、他人に助けを求めることに対して抵抗がなくなりました。その結果、どんなに小さなことでもできるようになれば達成感を得ることができたり、支えてくれる周りの人に感謝の気持ちを持てるようになったり、価値観の違いに寛容になれたりと、物事をポジティブに捉えられるようになりました。それまでの日本の生活ではほとんど大きな挫折を味わうことがなく、いわゆる優等生キャラのポジションにいた私は、知らないうちに周りも自分も「これくらいはできなきゃいけない」「できて当然」と自分の立ち位置を固めてしまい、それによって窮屈な思いをしていたのかもしれません。

3.交換留学前後のキャリア観の変化や交換留学がもたらした進路決定への影響はありましたか?

 出発前の私は帰国後に就活をし、留学期間を含む 4 年間で学部を卒業して春からは就職しようと、なんの疑問もなく考えていました。それが一転して勉強を続けたいと思うようになったのは、生まれて初めて日本以外の国の常識を目の当たりにし、異なる価値観を持つ友人と出会ったのがきっかけで した。

 ドイツでは学部での勉強が3年間で終了することもあり、多くの学生が大学院に進学しますし、学業の傍ら留学やインターンのために1、2年を費やすのも普通です。もちろん就職も人によってさまざまな選択肢があり、社会人経験を積んでから大学に戻ってくる人も珍しくありません。そんなドイツの状況を知り、日本の「就活」というシステムに若干の疑問を覚え始めていた私に「ドイツで院でも行けばいいじゃない」という言葉をかけてくれた友人のおかげで、それまでまったく考えていなかった新たな選択肢が見え始めました。ほかにも「そんなに早くからやりたいことが分からないのなんて普 通。でもやりたくないことは分かるでしょ」と言ってもらえたり、ドイツで新たに出会った友人から将来を柔軟に考えることの大切さを教えてもらい、ここでも知らず知らずのうちに日本での常識に思考を縛られていたことに気づかされました。

4.大学院進学を決めた理由・きっかけとなった出来事、言葉なとがあれば教えて下さい!

  すでに述べたように、ドイツの大学院への進学という選択肢もぼんやりと頭の中にあったものの、それがはっきりと形になったのは、ドイツ語の指導教授との会話の中で学部生でも応募できる奨学金があることを知ってからです。3年次の夏にもお世話になったDAADのプログラムの中に修士号取得を目指す2年間の奨学金があり、それがあれば日本で院に進学するよりも安く、より興味分野に近い勉強ができると思い、なんと締切2週間前に急遽応募を決めました(笑)。交換留学からの帰国が8月頭、奨学金の締切が10月半ばだったこともあり、12月頭の二次審査(面接)を経て採用通知を頂くまではかなりの短期決戦で、各方面にご迷惑をおかけしたので、皆さんには余裕をもって準備することをお勧めします(笑)。

 また、その時点では学部在籍を半年延長して9月に卒業し、その後渡独しようと考えていたのですが、所属ゼミの指導教授にも進路相談に乗っていただき、せっかくなら日本でも大学院に進学してはどうかとご提案をいただきました。そこで春入試を受験し 4月に大学院へ進学、そこでの勉強と平行してドイツの大学院への出願準備を進め、6月頭ごろ第一志望の研究科から合格通知をいただくことができました。

 進学を決めた大きな理由は、交換留学の初めの時期は語学力が不足していたこともあり、これから興味分野を本格的に学ぶことができる、というところで帰国を余儀なくされたことです。交換留学は本当に楽しかったのですが、1年という期間の短さや自分の知識不足を痛感するとともに、なんとなく「異文化体験」「ゲスト学生」のみで終わってしまったという感覚もあり、そのまま終わりにしたくないという思いがありました。また、留学期間の終わりに大学・大学院出願のために必要な語学試験を受け、合格をいただいていたので、語学能力的に出願が可能だったという点も大きかったと思います。

5. 現在の生活について詳しくお聞きしたいです!

  現在は日本の大学院に籍を置いたまま、ドイツのイェーナ大学にある「20 世紀の歴史と政治」という研究科に正規生として在籍しています。来年10周年を迎える比較的新しい研究科で、大学の歴史研究所の一機関であるとともにイェーナ・センターという研究機関のプログラムの一つでもあるので、少し特殊な研究科と言えるかもしれません。卒業には修士論文のほかに歴史学・政治学・社会学・語学 などの履修が課されており、1 学年 15 人前後で学んでいます。私が興味を持っているのは戦後ドイツにおける過去との取り組みについてなので、ドイツの大学院を探していたときにここだ!と思い、結局1校のみしか出願しませんでした。課題の量は多いですが、仲の良い同期と何かと気にかけてくれる先輩や教授に恵まれ、楽しく学んでいます。

 また、ドイツでは多くの学生が学部卒業後に進学を選択することもあり、研究者養成のための機関という雰囲気はほとんどないので、日本の大学院のほうが学生への期待値と研究水準は高いかもしれません。ありがたいことに、日本の大学院の同期や先輩方からはドイツに来てからもこまめに連絡をいただいているので、ある意味で緩いともいえるドイツの雰囲気に甘えないようにと自分を律する毎 日です(笑)。

 学業以外にも、学生オケに所属して中学時代から続けているフルートを吹いたり、日本語を学びたい学生とタンデム(いわゆるLanguage Exchange)をしたり、外国語センター主催の語学コースに参加したりなど、新たに多くの出会いに恵まれ、充実した日々を過ごしています。

6. 交換留学を考えている人・進路に迷っている人に一言お願いします!

   今でこそ交換留学を経てまたドイツに戻ってきた私ですが、初めは日本を長期間離れることにかなり抵抗がありましたし、日本でもっとできることがある、とも思っていました。学部3年次は当時所属していた吹奏楽サークルの幹部学年だったこともあり、同期にすべてを託して渡独することへの迷いもありました。でも、今だから言えるのは、悩んでいるときは 1年がかなり大きく思えたとしても長い目で見たら人生のほんの一部に過ぎないし、将来のことを考えても、帰国後もしくは留学中に問題なく就活を終えている友人がほとんどということです。

 私が交換留学を経験してよかったと思うのは、まったく新しい環境に身を置いたことで自分の無知さと無力さを自覚し、いい意味で開き直ることができたからです。国際学科の高校で3年間を過ごしたことで、多様なバックグラウンドを持つ友人と出会い、多様な価値観に触れたつもりでいたのですが、初めてのことやできないことを多く経験し、色々な人と出会うことで格段に視野が広がり、自分や日本についても客観的に考えることができました。交換留学は大学間の協定であるという点で初めての海外であっても挑戦しやすく、「こんなにできないことがある」「知らないことがある」ということを知り、プライドを捨てて何もかも新しく始めるのに絶好の機会だと思います。

 私の場合、交換留学での経験が「もっと勉強してみたい」という思いに変わり、それが進学を決めた最も大きな理由になりました。一度社会に出てから留学するという選択肢ももちろんあると思いますが、教授や大学からのサポート、学生向けの奨学金を得られるのは今だけの特権だと思います。もちろん、大学院卒業後の進路どころか学期末の試験やらレポートやら(笑)、今でも不安の種は尽きませんが、日本の就活システムに若干の疑問を抱いていたこともあり、「どんな仕事がしたいか分からない」を考えるより「今本当にやりたいと思えること」を選択したことに後悔はありませんし、応援してくれている家族や友人、教授には本当に感謝しています。

 日本では海外院進学はおろか、文系の大学院進学すらまだまだ「普通ではない」と見られがちですが、在学中に就活して4年間で学部を卒業後すぐ就職、という選択肢だけではないことをもっと広く知ってもらえたらと思っています。既存のレールから外れることは誰にとっても不安が付きまとうと思いますが、本当にやりたいことがあるならポジティブに考え、調べ、相談するほうが自分の気持ちに素直に過ごせると思いますし、そのほうが大変ではあってもストレスは少ないと思います。

 進路でさんざん頭を悩ませていた時、「人と違う道を選ぶなら何があっても毅然と、他人の否定的な言葉に揺すられないくらいの覚悟を持ってやり抜きなさい」と母が言ってくれました。私にとってそうであったように、誰かの何気ない一言が考え方を大きく変えることがあるかもしれませんし、私の経験がそのきっかけになれたらそれ以上嬉しいことはありません。

7.まとめ

いかがだったでしょうか? 交換留学生にとって進路は大きな悩みとなる部分です。交換留学中のキャリアアドバイスができるのは交換留学.comならでは。

無料相談会

交換留学後の進路についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

交換留学後の進路にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA