交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

【慶應義塾大学編】交換留学に必要な語学能力とは?

【慶應義塾大学編】交換留学に必要な語学能力とは?

 

慶應義塾大学の交換留学で必要な語学能力はどのくらいでしょうか?

まずは、慶應義塾大学の交換留学で必要な語学資格についてご説明します。

日本で有名な英語資格はTOEICになりますがこれは慶應義塾大学の交換留学の英語資格としては全く通用しません。慶應義塾大学の交換留学に必要な英語資格は以下の二つのいずれかです。

・IELTS

・TOEFL

※もしオーストラリア・ニュージーランド・イギリスの大学を志望する場合、IELTSのみしか通用しない場合があります。

では、それぞれの資格を1つずつ見てみましょう。

1.IELTS

英語熟練度を測る英語検定の1つで、ケンブリッジ大学英語検定機構、ブリティッシュ・カウンシル、IDP Educationによって協同で運営されている。アカデミック・モジュール(Academic Module、大学や他の高等教育機関への出願のためのテスト)とジェネラル・トレーニング・モジュール(General Training Module、一般的な生活、仕事や、移住関係に関わる英語のテスト)の2種類がある。

(Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/IELTS より引用)

 

英語熟練度を図るテストであるIELTSのうち慶應義塾の交換留学で用いられるのはアカデミック・モジュールのものです。出願・解答の際に間違えないようにしてください。

 

①IELTSの構成と点数

IELTSは2日間かけて行われます。1日目にはリスニング・リーディング・ライティングが行われそれぞれ30分、60分、60分となっています。2日目にはスピーキングが行われこちらは15分~20分程度になります。リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの各セクションで1.0~9.0の点数が0.5刻みにつけられます。4つの指標の平均値がTotalの点数となります。なお、0.5以下の数字は繰り上がりとなります。

例)6.25→6.5

慶應義塾の交換留学ではIELTSスコアが5.5以上の生徒が交換留学の審査対象となります。また、必要なスコアは各大学により異なります。

 

 

②IELTSのメリット

a.試験時間が短い。

試験時間がTOEFLに比べて3時間程度と短くなっているため楽です。

b.TOEFLに比べて簡単。

TOEFLよりもリーディングの語数が多いものの全体的に難易度はTOEFLよりも易しいといわれています。

c.ペーパー試験のため問題用紙に書き込める。

TOEFLがコンピュータ試験であるため書き込むことができず、IELTSよりも解きにくいですが、IELTSはペーパー試験になっているので書き込むことができ、紙に慣れている日本人にはときやすいと言えます。

 

③IELTSのデメリット

a.試験時間が朝早い

試験の集合時間が朝8時前後になることが多く、朝起きるのが苦手な人にとってはつらいと言えるかもしれません。

b.試験が2日間になる

試験が2日間になるため予定をしっかりと押さえなくてはいけません。しかも試験時間の発表が直前であるためその2日間は基本的に空けておく必要があります。

c.申込締切が早い

IELTSはTOEFLに比べて試験申込の締切が早いのでかなり早い段階で試験出願をしなくてはいけません。

d.参考書の数が少ない

IELTSは日本であまり広まっていない試験であるため日本語の参考書が著しく少ないです。

対策のためには英語の参考書を取り寄せる必要があるでしょう。

 

 

 

2.TOEFL

TOEFL(英語: Test of English as a Foreign Language = 「外国語としての英語のテスト」、トーフル)は、アメリカ合衆国のNPOである教育試験サービス (ETS)が主催している外国語としての英語のテストである。その名称の通り非英語圏の出身者のみを対象としており、英語圏の高等教育機関が入学希望者の外国語としての英語力を判定する際に用いる。

英語圏の大学へ留学・研究を希望する者を主な対象とした英語能力を測定するテストであり、英語による高等教育に適う能力の判定が目的である。1964年から実施されており、日本ではCIEE(Council of Int’l Education Exchange – 国際教育交換協議会)が窓口となっていた。結果は、0-120点のスコアとして判定される。

(Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/TOEFL より引用)

 

 ①TOEFLの構成と点数

TOEFLはリーディング・リスニング・スピーキング・ライティングの4つのセクションで構成されており、それぞれ60分、60分~90分、20分、50分で試験が行われます。試験はすべてコンピュータで行われ、メモ用紙が与えられるものの試験の解答はすべてパソコンの画面で行います。よって、文章中に下線を引いたりすることはできません。各セクション30点ずつで構成され満点は120点です。慶應義塾の交換留学では、70点以上の点数が必要とされ、アメリカの大学は主に80点以上が必要とされています。世界の上位大学になると交換留学では100点以上を要求する場合もあります。

 

 

②TOEFLのメリット

a.試験時間が個人にあわせられる。

TOEFLテストはパソコンで行っているため会場に来た順にすぐに試験を始められます。

b.直前まで出願可能

試験開始の2週間前まで試験を申し込むことができます。

c.開催場所が多い

TOEFLは日本国内で頻繁で開催されているため同じ日程でも複数個所で開催があります。そのため自分の好きな会場を選ぶことができます。

d.対策本が多い

TOEFLは日本で開催される頻度が多いのでそれに伴って対策本も種類が多くなっています。

 

③TOEFLのデメリット

a.試験時間が長い

試験時間は実に4時間半に及びます。途中10分休憩をはさむとはいえ体力は必要です。

b.試験が難しい

日本人が苦手なスピーキングとリスニングの試験がIELTSよりも時間が長く難易度が高いと言われています。なおかつパソコンのマイクに対して話しかけるスピーキングは慣れるまで時間がかかるとも言われています。

c.一部使えない国がある

前述しましたが、慶應義塾の交換留学で旧英連邦圏に交換留学に行く場合はIELTSのみしか通用しない場合があります。志望大学の特長をよく調べ早め早めに準備をしましょう。

 

 

 

3.【慶應義塾大学編】交換留学に必要な語学能力とは?のまとめ


いかがだったでしょうか?慶應義塾の交換留学に必要な語学資格についてまとめてみました。IELTSもTOEFLも約25000円もする高額な試験です。気軽に受けられるわけではないので1回1回目標を明確にしてしっかりと勉強をして受けましょう。

慶應義塾の交換留学では大学ごとに必要とされている点数が異なります。語学は直前で急激に点数を上げることができないため早め早めに準備をすることをお勧めします。

特に、アメリカ・カナダ・ヨーロッパ方面を志望する慶應義塾生はトフルの点数を高く取得する必要があります。

慶應義塾の交換留学において一番重要なことは、志望大学を決めてできるだけ早くその大学のことを調べ上げることです。

交換留学は語学力の準備に時間かかります。また、交換留学の選考には十分な対策が必要です。

無料相談会

慶應の交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

慶應の交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

コメント1

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] 【慶應義塾大学編】交換留学に必要な語学能力とは? […]

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA