交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

交換留学先での課外活動:スウェーデンで学生運営組織の頂点に上り詰めてみた 〜慶應3年生 南日可那子〜

交換留学先での課外活動:スウェーデンで学生運営組織の頂点に上り詰めてみた 〜慶應3年生 南日可那子〜

交換留学先での課外活動:スウェーデンで学生運営組織の頂点に上り詰めてみた 〜慶應3年生 南日可那子〜

こんにちは!ついにスウェーデンのルンドから本帰国して4日経つ南日です。本帰国してしまいました、、実際未だ実感湧かず、なんと空港でも離陸時にも全く悲しい気持ちになりませんでした!それも全部、友達全員と「バイバイ!」ではなく「またね!」っていつも通りの感じで別れられたからかな。さっそく昨日は友達と飲みにいったのですが、外出して人の多さに改めてびっくり。目が回るとはこのことか。警察が馬に乗ってのっそり街を巡回しているpeacefulnessは何処へ・・。

さて、今回はルンド大学における私の生活の中心であった課外活動について書いていきたいと思います!私はルンドにおける13あるNationの役員(Förmän)として半年以上活動しました。また、春学期と本帰国3週間前から開始した秋学期のどちらにもおいてNationのメンター(Fadder)として働きました。こんな感じでかなーりNation中心の生活を送っていました!

1. Nationとは?

役員旅行!という名の1泊2日ノンストップで遊びまくって飲み続ける修行でした。

Nationとは、ルンドにおける学生としてのソーシャルライフを満喫する上で必要な全てのアクティビティを提供する学生運営の組織のことを指します。私が役員として働いていたKristianstads Nationにおいては水曜日のお昼は五百円でランチが食べられ、夜は手頃な価格でお酒と料理をパブで楽しめる。金曜日はSittningという3コースのディナーが行われたのち、朝2時までクラブが開催され、日曜日はビュッフェ式のブランチ。このようなウィークリーイベントのほかにもプールパーティーやムービーナイト、スポーツイベントなどなど、サークルというものがないぶん、Nationが全てのソーシャルイベントを開催します!ルンドには約42000人の生徒が在籍していますが、だいたいみんな13のうちのどこかしらのNationに所属しています!もちろん所属Nation以外のところのイベントにも普通に参加できます!私は毎週金曜日に開催されるSittningの運営・統括を行なっていました!

2. Sittning Förmänとは?

Sittningの様子

Sittningとはスウェーデンの伝統的な3コースディナーのことを指します!前菜・メイン・デザートとお酒を楽しみながら、歌を歌ったりする。パーティーとおしゃれなディナーを足して2で割った感じ。一番最初に担当したSittningは法学部に新しく入った学生100人ぶんのもので、みんなプレパーティーをして飲んでから来た上にお酒買いすぎてべろんべろん。テーブルや椅子に立つわ、なぜか床の上ハイハイしてる人いるわ、なぜかバナナが宙を飛んどるわ。クレイジー!!

仕事内容としてはメニューを一週間前ぐらいに考案し、材料を発注。その後前日から料理の仕込みやパン作り。当日はほかに集めた働き手6人ほどと実際に料理を作り、お酒も提供するためバーテンダーとしても働き、ウェイトレスとしても働き、シェフとしても働き、、仕事内容を上げていったらきりがありませんが大変なぶん楽しい!当日は約十時間労働の後、働いてくれた人みんなとアフターパーティー。

じゃあそもそもなんで役員になったのか?もとを辿れば去年の秋学期に来たばかりの時に、積極的に友達作りのためにNationのイベントに行っていました。その時私のメンターであったスウェーデン人たちとすごく仲良くなって、実は彼ら全員役員だったり幹部だったりしたんですね。それで、かなこ一緒にやろうよ!その一言に動かされ、役員に立候補しました。ですが役員30人ほとんど全員スウェーデン人で正直どうしよう、って思いましたね。でもここでやめたら絶対後悔する。その気持ちの方が強くて結局役員として6月まで働いてから本帰国の予定が、役員になってからというもの友達の輪が広がり深まりNation大好き人間になってしまい、「本帰国」を慶應での授業が始まる前まで伸ばすことに。それだけいつのまにか自分の選んだ仕事や築き上げた環境が大好きになってしまっていました。最後に貢献度の高さから賞状をいただき、「かなこがいないKristianstads Nationなんて考えられないな」と元幹部役員の人に言われ、涙ちょちょぎれた。それだけNationで時間を過ごしていたってことですね。

3. Fadderとは?

Fadderとは新入生の面倒を見たり・サポートしたりするメンターのことですね。約三週間の新歓期にほぼ毎日のように行われる新入生のためのイベントに運営側として携わる。ってカッコよくいってみましたが、要は新入生の面倒を見つつ彼らと一緒に遊んだりパーティーしたりすることですね笑。去年の秋学期は新入生としてNationに来てたのに、その次の春学期とつい三週間前に始まった秋学期はメンターとしての参加になったから変な感じがした。Nationを代表して新入生のためのフェアに行き、七時間ひたすら勧誘。コミュ力上がりまくったし友達100人はできたかな。笑。このフェア、13全てのNationがブースを開き新入生を勧誘して自分のNationに入れようと、いわば新入生の取り合いの場なのですが、中には「このNationになんで入るべきなのか1分で熱く語ってくれないか」とかいうぶっとんだ新入生いておもしろかったな〜。もちろん熱く語りましたがその後入ってくれたかは不明。

4.振り返って見て

一番最後に働いたSittning!役員の代替わりが行われ、私は新しい役員の指導係として一緒に働きました。

普通のインターナショナル生がやらないこと・経験できないようなこと、を追求した結果Nationで役員として活動してみる、といった選択肢にたどり着くことができました。私も来たばかりの最初の数ヶ月はほかのインターナショナル生と同じようにNationを利用する側・イベントに行く側だったのに、それが気づけば運営側に。もちろん、スウェーデン人ばっかりの環境に飛び込むのには勇気が必要だったけど、結果的に得たものが計り知れない。Nationで役員やメンターとしてかなり深く携わった結果、スウェーデン語わかるようになったし、一流シェフばり(自称)の料理スキル身についたし、リーダーシップ、企画力や運営力、なにより一生ものの最高の友達と出会えました。本当にこの決断に踏み切ってよかった!皆さんもぜひ交換留学先では新しい環境に飛び込み、挑戦し、一年という短い期間を最大限に活用して見てください!以上、一年ぶりの納豆ご飯に感動してる南日からお届けしました!

いかがだったでしょうか? 交換留学は日本ではできない経験ができます。交換留学に踏み出すことは人生を変えることです。

無料相談会

スウェーデンへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

スウェーデンへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存