交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜将来のキャリアを意識した交換留学〜 マンハッタンビル大学に行く慶應義塾生にインタビュー「2年 田原万悠子さん」

〜将来のキャリアを意識した交換留学〜 マンハッタンビル大学に行く慶應義塾生にインタビュー「2年 田原万悠子さん」

〜将来のキャリアを意識した交換留学〜 マンハッタンビル大学に行く慶應義塾生にインタビュー「2年 田原万悠子さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回はマンハッタンビル大学に交換留学予定の慶應義塾大学の田原万悠子さんにインタビューさせてもらいました。

2年生からの交換留学を決意された田原さんの志望理由と丁寧な出願準備などをぜひご覧ください!
そしてマンハッタンビル大学のどのようなところに惹かれて交換留学を決意したのかをお聞きしました。

まずは、マンハッタンビル大学がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.マンハッタンビル大学とは???

マンハッタンビル大学は1841年に設立された大学です。私立のリベラルアーツの大学でキャンパスの建築も美しいと言われています。故ケネディー大統領のお母様の出身の大学です。マンハッタンの中心街からもおおよそ30分の距離にあり、様々な場所にアクセスが可能です。

2.マンハッタンビル大学に行く 田原万悠子さんにインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、交換留学に行きたいと思ったきっかけを教えてください。
大学に入学した頃です。以前からアメリカ留学に憧れていましたが、明確な目的を持っていませんでした。しかし、私のマイノリティーの親友がきっかけで、多様性に富んだNYでマイノリティーについて勉強し、マイノリティー支援施設や支援者に対してフィールドワークを行いたいと考えるようになりました。また、前述の経験で得た知識を、ダイバーシティマネジメントのコンサルというキャリアに活かしたいと思い、交換留学を志望しました。

トフル(TOEFL)はどうやって勉強しましたか?
夏休みにLINGOの短期集中講座に参加したり、TOEFL ListeningやTSpeakingといったアプリを活用しました。また、60-second-scienceというラジオを聞いて、サイエンスに関する語彙を増やすとともに、TOEFLの早いトークに耳を慣らしていました。
この様な無料の勉強材料も、点数アップに繋がったと思います。

 

マンハッタンビル大学を選んだ理由は何ですか?
マイノリティーに関して学ぶ為には、多様性に富んだ都市であるNYかサンフランシスコ付近での交換留学が必須と考え、カリフォルニア大かマンビルで迷っていました。しかし、①生徒が多様性に富んでいること(特定の人種に偏っていないこと)、②全て少人数制の授業なので生徒や先生と議論を交わしやすいこと、③小さな大学で交換留学生に対するケアが手厚いこと、④大学からマンハッタンへ一時間以内で行くことが出来、フィールドワークを積極的にできること、⑤マイノリティーやマネジメントに関する授業が豊富に提供されていること、以上5点の強みを持つマンビルに志願を決めました。

面接で何を聞かれましたか?
面接は全部日本語でした!
1.志望理由を簡潔に教えて→事前に予想していた質問だったので、暗記していた内容をそのまま答えました。
2.課外活動に関する質問3つ→それぞれ10秒程度で答えました。
3.マンビル(第一志望校)についてどうやって調べたか→同校に交換留学した数人の先輩にコンタクトをとり、お話を伺いました。同校のホームページを熟読し、NYにいる友達からも話を聞きましたと答えました。
4.ダイバーシティ経営戦略(交換留学先で学ぼうとしていること)に関する質問2つ→ダイバーシティ経営戦略に関する基礎的な知識を可能な限り答えました。新聞記事や経産省の取り組みに言及したりして、交換留学に対する熱意をアピールしました。
5.両親は交換留学に賛成しているか→はい。父が米国のビジネススクールで学んだ際、母も帯同したので、両親共に米国留学に対して深い理解があったと答えました。
他にも2つほど質問があったと思います。

エントリーシートには何を書きましたか?
両親・英会話の先生に意見を聞きながら、2週間かけて5バージョン書きました。そのうちの1つを提出しました。
また、報告書を通じて知り合った先輩(3名)の志望理由書を参考にさせて頂きました。先輩の志望理由書は全て、過去やってきたこと・今学んでいること・交換留学後のプランが一貫していました。この展開を意識して自分のESを書けたのは大きかったと思います。

マンハッタンビル大学に期待するものとは?
世界中から集まった生徒と交流することで、様々な価値観を知り、人脈を広げたいです。また、「NYCの社会学」等といった慶應にはない授業で、将来のキャリアに活かせる知識の提供を期待しています!

後輩に一言お願いします!
留学を真剣に考えている方も、興味程度の方も、まず志望理由書を書いてみてください!志望理由書を書くことで、自分が何に興味を持ってきたか、これから何をしたいかを真剣に考える時間が出来ます。
9月頃にアップする留学報告書に連絡先を載せるので、質問がある方はいつでもご連絡ください!

交換留学中の田原さんにインタビュー! マンハッタンビル大学での生活とは?
希望する授業はすべて履修することができました。しかし、大学の授業よりも課外活動からダイバーシティについて学んでいます。例えば、大学のOffice of Disabilities Serviceに行って生徒から話を聞いたり、学校近くにあるLGBT支援センターでボランティアをしながらLGBTコミュニティーに積極的に関わっています。春学期からは聴覚障害のある生徒を学業面からサポートするPACメンターになる予定です。

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか? アメリカへの交換留学は非常に倍率が高く、しっかりとした戦略が必要です。

交換留学は語学力の準備に時間かかります。また、交換留学の選考には十分な対策が必要です。

無料相談会

アメリカ、マンハッタンビル大学への交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

アメリカ、マンハッタンビル大学への交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA