交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

イベント情報

交換留学.COM  第1回 プロフェッショナル・ゲスト・セミナー(慶應大学学生限定)
日時:2019年7月27日(土) 14時
会場:東京都渋谷区道玄坂1-19-2 SPLINEビル8階
海外留学とその後のキャリア:音楽エンタメ業界......何故海外留学を選んだのか?そして今のキャリアを築くのに、海外留学がどのように役立ったか?




交換留学.COM  第2回 プロフェッショナル・ゲスト・セミナー(国内大学学生限定)
日時:2019年8月10日(土) 14時
会場:東京都渋谷区道玄坂1-19-2 SPLINEビル8階
※内容は第1回と同様です


交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

「国内大学交換留学プログラム・フルサポートパック」の提供、「国内外の語学学校等のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」「各種留学等に関するカウンセリング&コンサルティング」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ
                       
                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

【交換留学インタビュー】カナダの最高学府! マギル大学に交換留学する慶應義塾生にインタビュー「2年 松浦里香さん」

【交換留学インタビュー】カナダの最高学府! マギル大学に交換留学する慶應義塾生にインタビュー「2年 松浦里香さん」

【交換留学インタビュー】カナダの最高学府! マギル大学に交換留学する慶應義塾生にインタビュー「2年 松浦里香さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回はマギル大学に交換留学前の慶應義塾大学の松浦里香さんにインタビューさせてもらいました。マギル大学に行くチケットをどうやって勝ち取ったのか細かいところをお聞きしました!そして、交換留学中にも追加でインタビューさせていただきました!ぜひご覧ください!

出願当時は1年生だったということで現在、1年生で出願を予定している人はぜひご覧ください!

まずは、マギル大学がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.マギル大学とは???


マギル大学は1821年に設立されたカナダ最古の大学です。カナダの最高学府と言われています。キャンパスはモントリオールのダウンタウンに位置しており、北のハーバードとも呼ばれます。実際に毎年の世界大学ランキングでは50位以内にランクインしています。マネージメントや法学、心理学、教育学、環境学、都市工学、看護学など様々な学問を学ぶことができます。交換留学生は一つの専攻に所属し、その専攻を中心として授業を取っていくことになります。

2.マギル大学に交換留学する松浦 里香さんにインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、交換留学に行きたいと思ったきっかけを教えてください。
私は小学校4年間、マカオに住んでいました。中学校から日本に戻りましたが、その間に英語力が下がっていると感じていました。高校生の時に同じ環境にいるのは嫌だと思い、大学に行ったら交換留学したいと考え始めました。
ずっと、日本に帰ってきてから海外に出たいとは思ってました。海外に出ることで、英語力を鍛えるだけでなく、刺激を得ることができると思ったからです。
小学校の時はインターナショナルスクールに通っていたのですが、そこで海外の人は日本人よりも自分がやりたいことや、したいことに軸を持っていると感じました。そういった人が多くいる環境に飛び込めば刺激がもらえると思いました。

トフル(TOEFL)・アイエルツ(IELTS)はどうやって勉強しましたか?
高校生の時に86点をとっていました。大学入ってから100点を越えました。リーディングが苦手だったので、参考書読んでリーディングの対策をしました。ボキャブラリーがなかったので単語帳を読み込み、リーディングはトフルの公式問題集を解き進めました。ライティングは公式問題集のテンプレートを暗記して書くようにしました。

マギル大学を選んだ理由は何ですか?
トフルの要求点が高い大学を選びたいと思いました。なぜなら、自分が行った時に能力を伸ばせる環境がいいと思ったからです。そのあとは、直感でマギルがいいと感じました。
そこからマギルを調べ始めました。アメリカの大学(ボストン大学やカリフォルニア大学)とも迷いました。直感でマギルを選んだというのもありましたが、立地や国際性から選びました。英語圏だけではなく、いろんな環境から学生が来ている環境を選びたかったです。マギルは4人に1人がインターナショナルスチューデントなので環境がいいと思いました。これが決め手でした。
また、気になった授業があったことも後押しになりました。少人数でディスカッションしながら進めていく、アメリカの州権政治について学ぶ授業です。
別の理由もあります。日本という狭い環境の中で、自分にしかできないことが何なのかを考えた時期がありました。大学在学中に自分にしかできないことを探りたいと強く思いました。それを見つけられるのは様々な視点を持った人がいるマギル大学だと思いました。

面接で何を聞かれましたか?
最初に日本語で、志望理由書と留学計画について聞かれました。
英語で、なぜ2年生で交換留学をしなくてはいけないのか?を深く聞かれました。
そして、帰ってきた時にどんなゼミに入りたいかを聞かれました。
最後に1分くらいで自己アピールをしました。あとは確認として、志望理由書に書いてある教授の本は読んだことあるか?を聞かれました。
海外に住んでたのでもう一度海外に行きたいの?
というのも軽い感じで聞かれました。
面接全体で日本語4割、英語が6割だという印象でした。

エントリーシートには何を書きましたか?
志望理由書は交換留学に通った先輩に聞いたり、交換留学のブログみて過去・現在・未来を意識して書きました。
とりあえず書いてみて、いろんな人に添削してもらって意見を聞きました。それを踏まえた上で何回も書き直しました。いろんな話を盛り込みすぎずに、1つだけ言いたいことを絞ってか書きました。
小学校の海外に住んでた経験と現在取っている授業の話をしました。
夏に参加したHKICというプログラムについて述べました。
http://www.hkicjp.org/about.html
海外から見た日本はどういう国なのかを学ぶプログラムです。さらに、慶應義塾では学びきれないことを書きました。その時の将来の夢は外交官でした。外交官になるためには法律の知識が必要で、国際政治学と交渉力、相手を納得させるスキルも必要だと感じました。しかし、慶應義塾で国際政治学を学べるのは三年生になってからでした。そこで、マギル大学で法律の知識と国際政治学の知識を絡めて学び、実践力を身に付けたいと述べました。また、マギル大学は外交官になる人数が多いというのもありました。

マギル大学に期待するものとは?

多様な環境と雰囲気を味わいたいと思います。また、”Play hard study hard”を体験したいです笑

Study hardのレベルが慶應義塾よりも高いと思います。周囲のモチベや意識の高さを体験して、その中で競えるようになりたいです!
そして、マギル大学があるカナダは英語とフランス語が公用語です。そこにいる人はバイリンガル、トリリンガルは当たり前です。フランス語ができるようになりたいのはもちろんのこと、向こうにいる人と戦えるようになるくらい何かを身に付けたいと思います。それができる環境だと期待しています。受け身にならず、能動的に動いていきたいです!

後輩に一言お願いします!
倍率とか学年とかを気にしないで出したいと思ったら出したほうがいいと思います!
交換留学行きたいと思って迷っているんだったら、なんとかなるので絶対出したほうがいいと思います。何かあったら相談に乗ります!
もし、交換留学に行きたいと思って計画的にやることも大事だけど、直前に出すことも大事だと思うので行きたいと思ったらいきましょう!
私は、留学計画書を締め切り当日に書きました笑

※11/16追記、交換留学中の松浦さんにリアルな情報をいただきました。

マギル大学の寮の選び方、どうやって寮を探したか
寮についてですが、選択肢としては大きく分けて4つあると思います。1つ目は、マギルの寮に入ること。そもそもたくさん寮がマギルにある中で綺麗な寮の写真がいっぱいあり、自分がここがいいなと私も思っていたりしたのですが、正規生が優先なので枠が余らないと交換留学生は入れません!ただし、マギルから交換留学前に寮に関してメールがくるのですが、そこに載っているMORE HOUSESとGreen Briarには入れます!MORE HOUSESはほぼ全員交換留学生なのでパーティーが頻繁に開かれていて、ハウスパーティに呼んでもらえることもあります!Green Briarはその隣にある正規生の2年生以上のための寮です!友達は汚すぎて2日ほどでMove Outしていました笑
2つ目は、Student Housingです!私はこのタイプにしました!マギルのキャンパスに近いとなると、Evo Centre-VilleとLaMarqがあります!3つ目は自分でアパートをレンタルすること、4つ目はホームステイです!自分の予算やどういう生活を送りたいかでたくさん調べて決めてみてくださいね!

StudentHousingの部屋の写真です!

マギル大学の生活はいかがですか〜?
交換留学先での生活に関してですが、モントリオールはやはり寒いです!笑
先週くらいから一気に冷え込み、0度が暖かいと感じるようになってきましたね。この状態で-25度くらい、あるいは-30度まで、4月まで続くのでなかなかできない体験をしたい方はぜひマギルに来てください!笑

マギル大学の履修登録について教えてください!
自分のいるFacultyの中で履修を決められます!履修を組む際にはマギルでは基本的に1つのCourseで3単位なのですが、正規生は大体12単位とっています!15単位の人もいますが、正規生でもエグいと言っていてできるだけ15単位は避けるべき道だと聞いたので私も4Coursesで12単位にしました!

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか? 世界トップクラスのマギル大学に交換留学して最高レベルの授業を受けてみませんか?

無料相談会

カナダ・マギル大学への交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

カナダ・マギル大学への交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA