交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

慶應生の交換留学 〜歴史を追う交換留学〜 ナポリ東洋大学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 伊藤祐君」

慶應生の交換留学 〜歴史を追う交換留学〜 ナポリ東洋大学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 伊藤祐君」

慶應生の交換留学 〜歴史を追う交換留学〜 ナポリ東洋大学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 伊藤祐君」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回のインタビューはナポリ東洋大学に交換留学予定の慶應義塾大学の伊藤祐君にインタビューさせてもらいました!
イタリアのナポリといえば、やはり歴史の中心。そんな歴史的な側面と気候の良さに惹かれたという伊藤くんにお話をお聞きしました!

彼自身のイタリア・歴史に対する興味に注目しながらお読みいただけると幸いです〜!

まずは、ナポリ東洋大学がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.ナポリ東洋大学とは???

ナポリ東洋大学は1732年に設立された歴史ある大学です。歴史的には中国語を教える学院からスタートし、現在では東洋の言語全般50ヶ国語以上を教える場所になっています。イタリア語だけでなくイスラームについても学ぶことができるため、イスラームについて学ぶために交換留学する学生も多いようです。

2.ナポリ東洋大学に行く伊藤祐君にインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、交換留学に行きたいと思ったきっかけを教えてください。
 大学に入る前から交換留学を考えていたわけではなかったです。ですが、友人たちが短期留学や外国旅行の話を聞いて興味を持ちました。海外経験はほとんどないです。海外に長い期間いたというわけではありません。
1年生が終わった時にイタリア語の先生に交換留学にチャレンジしてみたら?と誘われました。イタリアに興味を持ち始めたのはイタリア語を勉強していたからです。実は一度も行ったことはありません笑
交換留学を考えるにあたり第二外国語のイタリア語か英語圏かでまよいましたが、せっかくなので日本語、英語以外もしっかりと勉強できる、第二外国語を勉強するイタリアに交換留学先を決めました。

イタリア語はどうやって勉強しましたか?
イタリア語について試験はなかったので何を何点以上取らないといけないというのはないです。ですが、第二外国語担当だったイタリア語の先生が能力判定をつけてくれました。
今の自分のイタリア語は日常会話レベルなのでそのくらいで十分だと思います。(→ここニュアンス違っていたらおっしゃってください)

ナポリ東洋大学を選んだ理由は何ですか?
いざイタリアの大学を選ぶときに、ボッコーニ大学は経済系の大学だから違うと思いました。ヴェネチアは観光地なので、物価が高そうだと思いました。なので、ナポリ東洋大学が一番かなともいました。実際にナポリ東洋大学は、行ったことのある知り合いの話を聞いて楽しそうだと思いましたし、その話を聞いてナポリに対するイメージを作りやすかったです。少しでも中の情報があると分かりやすいと思います。

面接で何を聞かれましたか?
まずは海外経験があるかきかれました。自分は海外経験がほとんどなかったのでいきなり海外に長期間行くのは大丈夫かと言われましたが、新しい環境は楽しみなので、不安は特にないと答えました。
次に聞かれたのがナポリ大学を第一志望にした理由でした。これは、ナポリの方が気候的に良さそうであり北部や中部よりも南部のナポリは安全そうだと思ったからです。 さらにネイティブの先生にイタリア語で質問されました。
自分の考えをイタリア語で話せるかと聞かれました。また、面接官がイタリアのヴェネチア大学出身だったのでナポリ東洋大学を第一希望にしている理由を聞かれました。特別な質問はありませんでした。時間が短かったのでそんなに質問数も多くなかったです。

エントリーシートには何を書きましたか?

 志望理由書は”こういうことをイタリアでやりたい”という形で理由を絞って書きました。

まず最初に、イタリア語についてです。自分の語学力はまだ国内だけでしか通用しないものなので、自分がその言語を使うときに外で通用するのか、何が足りなくて何を勉強しないといけないのかは現地に行けばよくわかると思いました。イタリア語は第二外国語であり、日本で勉強してきて使う機会もなかなかない状態でした。

そしてもう1つの理由として西洋史と悩むくらい歴史が好きだったので、ローマ史やヨーロッパ史全般が学べるイタリアで勉強したいと思いました。

交換留学計画書では、ナポリ東洋大学に絞って書いたわけではなく、シラバスは出ていなかったので、具体的に中身を詳しく書いたわけではありません。ナポリ東洋大学は歴史・言語・文化の授業を、ヴェネチア大学はほぼどんな授業があるけれども教育や文化の授業を履修をしたいと書きました。

ナポリ東洋大学に期待するものとは?
現地の言語で書かれた文献に触れることができるのは楽しみです。これらの文献は日本で手に入らない情報なので。
また、 自分のなかで考え方を増やして視野を広げていきたいと思います。刺激を受けて、発見をしたいです。 いろいろな考え方を紹介してもらってこういう考え方もあるのかっていう発見をしたいです。自分のなかで考え方をどう組み合わせて応用するのか?という手法が自分の財産になるはずです。
そして、自分が学ぶ分野以外のこともやっていきたいと思います。私が教育学の専攻なので日本で学べる教育学とどう異なるか?も見てみたいです。また、西洋から見た東洋史は非常に興味深いです!

後輩に一言お願いします!
自分が海外経験・留学経験なしの純日本人なので、純日本人でも不安を覚える必要はないと思います。自分がチャレンジしたいと思うなら是非行って欲しいです。全て経験になると思いますし、なかなかない機会なので、自分の気持ちに素直にチャレンジして欲しいと思います。困ったことがあったらなんでも聞いてください!純日本人なので安心して聞いてください笑

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか? ナポリ東洋大学の交換留学には準備が必要ですが、情報が足りません。

無料相談会

イタリアへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

イタリアへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 
保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA