交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

「国内大学交換留学プログラム・フルサポートパック」の提供、「国内外の語学学校等のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」「各種留学等に関するカウンセリング&コンサルティング」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ
                       
                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

授業が始まって3週間、NUS(シンガポール国立大学)の授業についてぶっちゃけてみた〜慶應3年生 天野央登〜

授業が始まって3週間、NUS(シンガポール国立大学)の授業についてぶっちゃけてみた〜慶應3年生 天野央登〜

授業が始まって3週間、NUS(シンガポール国立大学)の授業についてぶっちゃけてみた〜慶應3年生 天野央登〜

こんにちは!シンガポール国立大学に交換留学中の天野です!
一応何回も伝えてますが、シンガポールは英語圏ですよ。授業って中国語でやるんですか????って聞かれて気絶しそうになりました。

今回はシンガポール国立大学(NUS)の授業についてぶっちゃけてみたいと思います。

1.まず、NUS(シンガポール国立大学)の授業について確認します

NUS(シンガポール国立大学)の授業は交換留学生はマックス5個の授業を履修できます。
ちなみに正規生はミニマム5個らしいです。マジで火を吹ますね笑

2.シンガポール国立大学(NUS)の交換留学生の日常

とりあえず、授業の時間割をお見せするのが早いと思ったので、お見せします!

ででん! うーん??? 授業が火水木しかないので一見、楽に見えますよね〜
むしろ慶應生だったらもっと授業詰まってそうなきがします。

いやいやいやいやそんなはずがないじゃないですよ、めっちゃえぐいですよ。死にそうです笑

というかなんで水曜日は8時〜授業があるのか・・・ 朝弱いので辛いです。

そんな授業を1つ1つ紹介していきたいと思います。

3.NUS授業紹介① Japanese Entrepreneurship

これは1週間で一番楽しみな授業ですね。

課題は1週間にリーディングが30ページほど(現地生いわくこれは少ない部類だそうです・・・・ 時には何百ページものリーディングが出ることもあるらしい・・・)

だいたい読み終わるのに2時間くらいかかります。辛いです笑

授業内容はディスカッションやプレゼンです。 僕はダイエーについて10月頃にプレゼンする予定になっています。
教授に日本人だから日本語の文献をゴリゴリ引っ張ってきてね!期待してる! と言われました。頑張ります。ハイ。

4.NUS授業紹介② ASEAN Economics

ASEAN各国の経済史を勉強していく授業です。唯一、先生の英語が強いシングリッシュであることを除けば楽です笑
授業の他にディベートが出ますが、まあそんなにレベルの高いものではありません。

5.NUS授業紹介③ Nation-building Singapore

こちらはシンガポールのナショナリズム問題や、教育・経済問題などを勉強する授業。授業自体の規模は大きく、400人くらいの生徒がとっています。
先生はシンガポール人ですが、英語は綺麗で聞き取りやすいです。内容も面白いので個人的には好きですね。
半期にレポートが1回、期末テストがありますが難しくなさそうです。

6.NUS授業紹介④ Making Modern Europe

もう嫌ですこの授業笑 多分僕がとった授業の中でも相当難しい部類に入ります。

①リーディング毎回40ページ前後
②半期に1枚リサーチペーパー(2500文字前後)
③プレゼン
④ディスカッション2週に1回(もちろん準備しないとダメ)
⑤毎回の授業のはじめに小テスト(教授は簡単だというけど決して簡単ではない)

考えうる限りのエグさを満載した授業です笑
週の勉強時間の半分をこれに割いてます。しかも先生の話す速度が速くて英語が完全に理解できるわけではない・・
非常に問題です・・・・

今日、現地生の友人から聞いた話ではかなり難しい授業の1つだそうです。なお、140人とっていたけど90人まで履修者が減っていました・・・
つらいです笑

5.まとめ

いかがだったでしょうか? これらの授業の予習復習を全部こなすと、1週間は普通に終わります笑
なので、こちらの大学生はバイトしませんね。しかも遊ばないです。 遊びから見えてくることもあるのになあと思いながら日々を過ごしています笑

交換留学.comでは、交換留学をして海外で学んでみたい!という大学生を応援しています!

無料相談会

シンガポールへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

シンガポールへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存