交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜世界で知ったキャリアの多様性〜 ザンクトガレン大学へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、土田慧さん」

〜世界で知ったキャリアの多様性〜 ザンクトガレン大学へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、土田慧さん」

〜世界で知ったキャリアの多様性〜 ザンクトガレン大学へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、土田慧さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回は交換留学から”帰ってきた”慶應義塾大学の先輩を取材しました!いままでのインタビューではこれから交換留学に行く慶應の方々を取材し、どうやって選考を通過するかをお聞きしてきましたが、今回はザンクトガレン大学での生活や過ごし方、そして経験や自分の人生がどう変化したかをお聞きしました。

どんな大学生活を過ごされていたのでしょうか?
ぜひご覧ください!

まずは、ザンクトガレン大学がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.ザンクトガレン大学とは???

ザンクトガレン大学は1898年にビジネスアカデミーとして設立されました。大学全体として8000人と規模は小さいもののスイス一の経営大学として知られています。ヨーロッパの中でもその地位は高く、交換留学生の受け入れにも積極的です。

2.ザンクトガレン大学に交換留学した理由

学びたいこと(経営ビジネス系・国際政治系)の2つの分野のレベルが高い大学であったからです。2015 financial timesの大学ランキングも参考にしました。実はエラスムスロッテルダムやシンガポール国立大学のほうが志望順位は高かったのですが、選考で落とされました。上記2つの大学もfinancial timesのランキングを参考にしました。

また、なぜスイスを選んだかというと、

・これといった経済資源のない小国ながら一人当たりGDPが世界有数の高さであること、 有名な多国籍企業が数多くあることなどの経済面での面白さ。

・直接民主制を取っている、地方分権がかなり進んでいること。(e.g. 中央政府/地方自治体の財政歳入比が3:1)

・永世中立国でWTO本部や国連支部など国際機関が数多くあることなどの政治面での面白さ。

・4か国語(イタリア語、ドイツ語、フランス語、ロマンシュ語)が母国語であることなどの文化的な面白さ。

これらのスイスの国としての面白さも交換留学先として選んだ理由です。

3.ザンクトガレン大学で経験した文化の違い

キャリア制度の違いです。日本は同年代の人たちがほとんど同じ年に中学高校を卒業し、大学に入学・卒業するように皆が同じキャリアステップを歩くことが常識であるのに対し、ヨーロッパでは各個人が自分たちの経験したいこと・将来像に合わせてそれぞれちがうキャリアステップを歩んでいる。今まで日本で生きてきて前者を当たり前のことだと考えてきた故にこの違いにはとても驚きました。

具体的には、 クルド系難民としてスイスに移住したのち、稼ぎ頭のいない家族を支えるため、高校進学をあきらめて職業学校に入学。のちに投資銀行に3年間務める。その後、改めて大学で体系的に学問を学びたい、という思いから投資銀行を辞めて高校に入学。そして自分の交換留学先の大学に入学した人。
もともと別の大学でプログラミングを学び、その後プログラマーとして企業で働いていた。しかし社会科学を深く勉強したいと考え、企業を辞めて自分の交換留学先の大学に入り直した人。
など、本当に多様性に富んでいました。

交換留学先での授業スタイルの違いも印象的でした。
・日本でよくある一方的な理論講義と違い、授業は非常に相互交流的でかつただ理論を学ぶのみならず、具体的なケースを用いたproblem solving skill(問題解決力)を重視していました。現地の学生らはこれに慣れていたのか、自分の意見やケースに対する解決策を考えだし、それをアウトプットするのが非常に速かったです。最初は自分はこれについていけませんでしたが、段々と慣れてきました。

4.ザンクトガレン大学で得た貴重な経験

交換留学生とのサッカーがコミュニケーションの手段として非常に貴重な経験になりました。

5.帰国後の進路

去年度から所属しているゼミで環境経済学を専門に勉強するつもりです。また、実地経験として、再生可能エネルギーに特に興味があるので、再生可能エネルギー事業を行っているベンチャー企業で長期インターンシップをしています。また、再生可能エネルギーにより地方を活性化する事業を行っている別の企業で1週間のインターンシップをする予定です。また以前から気になっていた環境NGOに所属し、日本の再生可能エネルギー政策に対する政策提言・経済産業省との政策提言などに携わる予定です。

6.交換留学で変わった進路

コンサルや投資銀行など今まで考えてもなかった業界も考えるようになりました。交換留学先の大学のカラーがそういう感じであったためです。

7.後輩に一言

実は自分は最後まで交換留学しようか迷っていました。しかし友達や先輩のアドバイスを受けて
最終的には交換留学することを決めました。この決断は今では正しかったと思います。
交換留学せずに後悔するリスクのほうが圧倒的に大きいから、交換留学してから交換留学の価値を最大化する方法はいくらでもあるから。理由はこの2つです。
もし交換留学しようか迷っている人がいたら、是非とも交換留学することをお勧めします。

8.まとめ

いかがでしたでしょうか? 交換留学自体を迷っておられる方も多くいらっしゃるかと思います。交換留学は第一歩を踏み出すことに意味があります。

しかし、交換留学は語学力の準備に時間かかります。また、交換留学の選考には十分な対策が必要です。

無料相談会

スイスへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

スイスへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存