交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

【交換留学インタビュー】フランスの超名門校! パリ政治学院へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、諸井嶺くん」

【交換留学インタビュー】フランスの超名門校! パリ政治学院へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、諸井嶺くん」

【交換留学インタビュー】フランスの超名門校! パリ政治学院へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、諸井嶺くん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回は交換留学から”帰ってきた”慶應義塾大学の先輩を取材しました!いままでのインタビューではこれから交換留学に行く慶應の方々を取材し、どうやって選考を通過するかをお聞きしてきましたが、今回はフランス一の有名校パリ政治学院での生活や過ごし方、そして経験や自分の人生がどう変化したかをお聞きしました。
フランスのパリ政治学院はダブルディグリーのできる大学の中で最高峰になります。
ぜひご覧ください!

まずは、パリ政治学院がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.パリ政治学院とは???

パリ政治学院は1872年に設立されたフランスの官僚養成学校である。特に公共政策、国際関係学に強みを持つ。当該科目においてパリ政治学院は、ハーバード大学、オックスフォード大学、LSEに続き、世界4位と世界的に評価が高い。非常に国際性に留意しており、東アジア・中東・アフリカ・南アメリカ・東欧ごとにキャンパスが存在しており、世界中のエリートが参集している。

2.ダブルディグリープログラムとは???

慶應義塾の各学部が各大学と提携しており、経済学部からはボッコーニ大学とパリ政治学院、商学部からはエセック大学院大学にダブルディグリーで交換留学が可能です。ダブルディグリープログラムでは慶應義塾だけでなく、現地大学の学位を取得することも可能です。

※ダブルディグリーは交換留学とは少々異なります。

3.慶應義塾からパリ政治学院に交換留学に行き、帰国した諸井嶺くんにインタビュー

本日はよろしくお願いします。パリ政治学院に行きたかった動機を教えてください!
香港、オーストラリアですごしたこともあって、日本と海外の架け橋になりたいという気持ちはありました。
そのためには交換留学先で、さらに国際的理解や知恵を身につける必要性を感じました。通常の交換留学では、不十分であると感じたので期間の長い、ダブルディグリープログラムで交換留学したいという思いが強かったです!
海外で学んでから三田の専門課程を勉強したいという考えもありました!

パリ政治学院に行きたかった理由を教えてください
二年間交換留学できることです。大学生活の半分を正規生として海外で過ごし、残り半分を日本で正規生として過ごせることは大きかったです。またパリ政治学院のプログラムにも魅力を感じました。ヨーロッパ・アジアをベースとした広範な社会科学を、世界各国の教授や生徒を通して学び、三田で専門的な経済学の知識、知恵を学ぶのは、広い認識を持った上で、より経済学をつかって専門的に分析できるスキルを身に付けることは魅力的でした。
プログラムの概要
慶應義塾大学経済学部とパリ政治学院の2つの学位を4年間で取得するプログラムに属しており、既にパリ政治学院における2年間の課程を修了しています。このプログラムは、一般の交換留学とは異なり、両校の修了要件を満たすことが必要であり、高い英語運用能力が求められます。豊かな国際感覚と幅広い教養、そして経済分野の専門知識を併せ持つ次世代リーダーの養成をめざして設置されたプログラムです。
パリ政治学院は、歴代の大統領・首相をはじめ、フランスの政財界ばかりでなく国際機関に数多くの人材を輩出してきていますが、同学院の学位取得プログラムを慶應義塾大学は世界で2校目、アジアでは初めて取得し、同大学からは毎年10名程度のみが選抜される狭き門となっています。
このプログラムに選抜されるため高校時代から準備を行ってきたこともあり、フランスで2年間異文化に身を置き、意識の高い仲間と共に、複数の言語を用いながら学生生活を送るという貴重な体験を得ることができました。特にパリ政治学院では日本の大学と異なり、ディスカッションやプレゼンテーションに重点が置かれていたため、様々な国から集まった学生へ対し論拠を示しながら説得していくスキルを磨くことができました。

パリ政治学院で驚いたこと、文化の違いを教えてください!
―交換留学先として行き着いた街、ルアーブルが早速驚きでした笑。日本では町全体が世界遺産、フランス第二の港町と聞いていたので期待を膨らませて行ったのですが、着いた最初の印象はどこが世界遺産かあまりわからない、まっすぐ伸びた大通りに灰色の四角い建物が並ぶだけの無機質な街でした(笑)。正直くる前にイメージしてたフランスのいわゆる中世の街並みが残る街ではなかったです。また学んできたフランス語や英語が見事に全く通じず、その上で寮、電気、携帯電話、銀行などを契約しなければならなかったり、フランスの行政の効率性の悪さだったり、夏でも冷たすぎて海に入れなったり、20時には店が閉まったり、日曜日は店が一切開いてなかったり、日本とのQOLの差には最初驚きました。しかし今では逆にルアーブルという町は人少ない、閑静で、広々とした、現実からかけ離れていた環境だったので、二年間就活などにとらわれずに自分を見つめなおす街としては最適だったと思います。また手続き的な面ではBDEという生徒会や同期に助けてもらったので、感謝しきれませんでした。


パリ政治学院付近でシェアハウス!

パリ政治学院で得た貴重な経験を教えてください
ものすごくオーソドックスな答えになるのですが、かけがえのない友人が作れた経験です。二年間、1km半径の円の中に全ての学生が住んでいたので、各学生との距離は近かったです。またキャンパス内には2学年合計250人しかいない環境だったのでみんな家族という感覚でした。学生の層もヨーロッパ・アジア中心に世界各国から代表し様々な背景、考えを持ったエリート達だったので、意識高い彼らと二年間毎日、ディスカッションから飲みパーティーまで、分け隔てなく密に過ごせることは自分の世界の視野を広げてくれる刺激的な経験でした。また3年目はみんなまた世界各国に散らばるのですが、もちろん日本に来る人も何人もいるので、彼らとまた違う環境で一緒に過ごせ繋がりを持てることを楽しみにしています。
あと、シアンスポのテストはガチでエグいです笑 テストは論文を書くテストでフランス固有の作文スタイルがわかっていないと点数がこないです。テストでは数時間教室に缶詰にされます。
POLITICAL INSTITUTION、EU法の期末が本当にエグかったです。二つのお題を与えらられて、8分間のスピーチをするテストだったのですが、8分間もしゃべれる筈もなく、質疑応答を頑張りました笑 ただ、ほとんどの人はほとんど単位をとっていて、勉強してれば単位をくれます。
また、他の優秀な大学から来ていた友人も非常に刺激的でした。政府の奨学金できてる人が多く、皆エリートでした。

パリ政治学院の授業。

帰国後は何をしましたか?
数週間前に、二年間帰国していなかったので、とりあえず情報収集してます。また個人的には、ヨーロッパで他人から街紹介させてもらうこともあったので、今は逆に地元横浜にきた外人を街紹介できるよう色々と準備してます。またフランス側から派遣されてくる本ダブルディグリーの生徒が日本に来るので事務手続きの手伝いは必ずします笑

パリ政治学院への交換留学が進路にどのような影響を及ぼしましたか?
昔はどちらかというと大企業に就職して一筋に働く進路が普通だと思っていましたが、交換留学生活ではその固定観念は変わりました。海外では大学院ギャップイヤー、ワーホリなどの進路が普通だったので、色々な進路があることに気づかされました。またどちらかというと僕の学校は左だったので学生のディスカッションや会話などを通して社会貢献する必要性を色々と感じました。今はそれが一番達成できる選択肢を見つけようとしています。

後輩に一言お願いします!
ぶっちゃけ交換留学している時間はあっというまにすぎます。一番時間的にも金銭的にも投資しているイベントだと思うので、帰ってきたときに他の交換留学より絶対僕が一番充実していた、交換留学の資産持って帰ったって自信持っていえるぐらい楽しんできてください。

 

4.まとめ

いかがでしたでしょうか? フランス、特にトップ校であるパリ政治学院への交換留学は憧れますよね? 毎年人気校であるパリ政治学院は倍率が高く、しっかりと戦略を立てて選考を受ける必要があります。

無料相談会

フランスへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

フランスへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 
保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA