交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜頑張った分だけ高いレベルの教育が受けられる!〜 ブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)に交換留学中「金和徳さん」

〜頑張った分だけ高いレベルの教育が受けられる!〜 ブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)に交換留学中「金和徳さん」

〜頑張った分だけ高いレベルの教育が受けられる!〜 ブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)に交換留学中「金和徳さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です。
今回はブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)に交換留学中の金和徳さんにインタビューさせていただきました。

カナダ・バンクーバーは白人だけでなく、東アジア系が3割にのぼり様々な人が入り混じる雑多な場所です。

英語圏への交換留学を考えている人、交換留学先で法律を学びたいと考えている人は必見の記事です!

1.UBC(ブリティッシュコロンビア大学)を交換留学先に選んだ理由

英語圏で英語を勉強したいというのが留学したいと思ったきっかけでした。ここでアメリカ・カナダに留学先が絞られました。そして、交換留学先で学びたい学問は法律 、 英語圏であるアメリカ・カナダの法律を学べる留学先を探しました。法律は人の行動原理を解明するのでそれを勉強したいと思ったのです。UBC(ブリティッシュ・コロンビア大学)は学部生にLaw Schoolの授業を履修させてくれる唯一の大学でした。学部生なのにLaw Schoolで学べる、それがUBCを交換留学先に選んだ理由です。

2.交換留学先での生活について

カナダは多民族国家で幅広い国の人、価値観と出会えると考えていました。しかし、バンクーバーはそんな私の理想とは少し違った場所でした笑

まず、カナダの国民性として単独行動を好む傾向にあります。フェイスブックやメッセンジャーなどSNSで人と繋がることは多いですが、日本のようにキャンパスに行けば常に誰かに会えるということは少ないです。また、多民族国家ゆえに同じ国から来た人が多いので、各々の国の人が固まって行動しています。そのため、コミュニティーを横断して他国の人とコミュニケーションを取ることが意外にも難しかったです。例えば、私は中国人コミュニティーの中にいることが多いのですが、どんなに友達の輪を広げても、出来る友人は中国人です。とは言え半数はカナダで生まれ育っているので、英語はネイティブですが笑

またバンクーバーは英語が母国語でない人々が多く住んでいる都市であるため英語が流暢でいないことに優しい街です。人々が優しく住みやすい環境であることはカナダ留学の最大の利点だと思いますが、同時に英語上達に関しては、アメリカよりも個人の努力が必要だと感じました。

少しネガティブなことを話しましたが、交換留学は楽しいことと辛いことを同時に経験して成長して行く機会だと思います。今まで辛いことを話しましたが、もちろん友人との交流も楽しいですよ!例えば、週に2,3回は友達とバトミントンやバスケ、ジムに行きます。課外活動としては現地の人に混ざってビジネスライクなセミナーをやったりしています。
旅行はバンフ・シアトル・ウィスラー(バンクーバーオリンピックの開催地)にいきました。バンクーバーはスケートと楽しむことができます。そして、自然と都会との融合がものすごく良い。都会なのに空気が美味しいです。ダウンタウンから車で20分で、スキー場に行くこともできます。差別もないので留学におけるストレスもないですし、アジアの商品も手に入ります。日本ブランドの服も買うことができます。

3.交換留学先の授業の内容や難しさ

今、履修している授業は3つです。

法律
Innovations in Governance and Regulatory Design

哲学
Minds and Machines 人と機械の差

心理学(自閉症についての授業)
Contemporary Topics in Social, Developmental, Personality, and Clinical Psychology-Worling

まず、海外で法律を学びたいというのが根底にありました。法律は保守的で何かを守ることに適していて革新的、 イノベイティブにはなりにくい。しかし、私はベンチャー精神、イノベイティブな精神を培っていきたいと思いました。今後、法律がどう変わって行くか見たいという動機からInnovations in Governanceを履修しました。

哲学・心理学を履修した理由は今後、AI・機械が人の生活に入ってくると法律も変わってくるという考えのもと、人と機械の定義の差に興味が出たからです。

授業のレベルとして、法律の授業はとても難しいです。正直、ついていけてない部分もあります。法律はハイレベルな英語力を求められるので英語力が高くないと勉強のやる気が出ないです。それくらいの英語力がある人じゃないと受けても面白くないと思います。法律の授業はクラスメイトが2時間くらいで終わらせるリーディングを、自分は1日かけて読みます。でも英語力不足から議論についていけないので勉強のモチベーションはなかなか起きにくいですね。
哲学・心理学は法律に比べて難しくはないです。

4.こういう人にはUBCがおすすめ!

自然が好きな人(カナダの大自然は美しいです)
落ち着いて勉強したい人(カナダ人は習慣的にあまり羽目を外しません。)
夜景とか綺麗な美しいキャンパスがいい人

5.後輩に一言

カナダの大学はアメリカ大学より、TOEFL・IELTSの基準点が高いです。ですが、それだけの価値がある大学だと実感しています。絶対に楽しく充実した留学生活が待っているので皆さん、ぜひ頑張ってください!応援しています!

 6. まとめ

いかがでしたでしょうか?UBCがカナダで唯一、交換留学生がロースクールで学べるのはいいですね!多様性の国家、カナダで学ぶことは自身の視野を広げるだけでなく、一生忘れることのできない経験となるはずです。

金さん、ありがとうございました^^

まずは交換留学先のことをよくリサーチすることがとても大切です!

無料相談会

アメリカ・カナダの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

アメリカ・カナダの交換留学についてもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA