交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

「国内大学交換留学プログラム・フルサポートパック」の提供、「国内外の語学学校等のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」「各種留学等に関するカウンセリング&コンサルティング」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

【交換留学インタビュー】UCI(カリフォルニア大学アーバイン校)に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 石井友佳子さん」

【交換留学インタビュー】UCI(カリフォルニア大学アーバイン校)に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 石井友佳子さん」

【交換留学インタビュー】UCI(カリフォルニア大学アーバイン校)に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 石井友佳子さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回はUCI(カリフォルニア大学アーバイン校)に交換留学予定の慶應義塾大学の石井友佳子さんにインタビューさせてもらいました。慶應の中でも最難関と言われるUC(カリフォルニア大学)に行くチケットをどうやって勝ち取ったのか?アーバイン校はどういう場所なのか?細かいところをお聞きしました!

まずは、カリフォルニア大学(UCI)がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.UCI(カリフォルニア大学アーバイン校)とは???

UCI(カリフォルニア大学アーバイン校)はアーバイン校を含む、10大学の大学の連合群です。アーバイン校は1965年に設立されました。文芸評論、犯罪学、行動神経学、散文、医療マネジメントの分野が全米でも権威のスクールです。アーバインはロサンゼルスから車で40分ほどの距離にあり、治安もよいです。また、第二のシリコンバレーとして研究所などの進出が進んでおり新産業地域とされています。ビーチリゾート・ディズニーランドも近く娯楽も充実しています。

2.UCI(カリフォルニア大学アーバイン校)に行く石井友佳子さんにインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、交換留学に行きたいと思ったきっかけを教えてください。
最初に留学をしたいと思ったのは中学生の時でした。海外旅行に何度か行く中で、現地の人と英語で会話することが好きだと気付きました。そして、いつか海外で暮らしてみたいと思い始めました。中学生の時、両親に短期留学をしたいと話しましたが、1か月留学したところで英語力はそんなに伸びないよと親に説得されてしまい、大学生になったら交換留学をすると決意しました。
1年生の時に出願しても良かったのですが、新生活に慣れるのに必死で、気付いたら出願期間が終わってました(笑)

トフル(TOEFL)はどうやって勉強しましたか?
私はTOEFLではなく、アイエルツを受けました。最初は漠然とですがイギリスに交換留学に行きたいなと思っていたからです。2年生の4月にアイエルツを初めて受けたのですが、その時に基準点を満たすことができました。慶應義塾大学の英語インテンシブクラスを履修していたのが大きかったと思います。もともと英語を勉強するのは好きだったし、高校生の時は英語が得意科目でした。
スピーキングはアイエルツを受ける2週間前からDMM英会話で練習しました。リスニングはアイエルツ問題集のCDを使ったり、アイエルツを受ける直前はNHKのワールドニュースを毎日聞いていました。アイエルツのスピーキングは試験官によって結果が変わりやすいので、納得いくまで受けてみるのもいいと思います。

UCI(カリフォルニア大学アーバイン校)を選んだ理由は何ですか?
国、志望校にこだわりはありませんでした。志望理由書には法律を学びたいと書いていたので、学部の交換留学生で法律の授業を履修できる大学をピックアップしました。せっかく行くなら英語圏がいいなと思っていたので、英語圏中心で探しました。最終的には、住みやすさや治安の良さ、その大学の総合での世界ランキングと、法律学にフォーカスしたランキングで決めました。
第二志望以下は
第二=ブリティッシュ・コロンビア大学
第三=キングスカリッジロンドン大学
第四=ライデン大学
で出しました。


交換留学の面接で何を聞かれましたか?
慶應の交換留学の面接はとても緩かったです。(この年のUCの面接は緩かったようです)
何を質問されてもスラスラ答えられるように、事前に50個くらい質問を考えていきました。
第1問目:志望理由について
第2問目:なぜ、バークレー校を志望するか(第1志望校はバークレー校でした)
第3問目:遡及進級するか→はい
第4問目:遡及進級に向けて準備をしているか→演習科目を中心にとっています。
第5問目:エネルギーという本はどのような内容か
(志望理由書にこの本について少し書いていたため)
第6問目:第2志望以下でこの大学を選んでる理由
を聞かれました。

エントリーシートには何を書きましたか?
お決まりのことですが、過去→現在→未来の流れを軸として、第一志望校であったカリフォルニア大学バークレー校にフォーカスして書きました。
交換留学先でしたいこととして、(1)米国法及び米国の商慣習を学ぶこと(2)授業内外での積極的な国際交流と書いていたので、これらがなぜ慶應義塾ではできないのかを意識しました。
(1)については、米国法や米国の商慣習は慶應義塾では専門的に学ぶことができないと書き、(2)については、確かに慶應義塾でも国際交流はできるが、それでは不十分で、もっと深く交流したいと書きました。あと、アメリカは多国籍国家であること、ほとんどの授業でディスカッションが行われていることにも触れました。
なぜカリフォルニア大学バークレー校なのかという点についてですが、履修したい授業があるからという書き方ではなく、カリフォルニア州にある大学に交換留学したい理由を書きました。(めっちゃ調べました笑)
英語の志望理由書の添削は、知り合いの英語の先生(日本人)にお願いし、日本語の方は、高校生の時にお世話になっていた小論文の先生・父・兄・交換留学してる友達、ライデン大学に交換留学したことのあった先輩に頼みました。この先輩は慶應義塾大学が出している留学報告書を見て連絡を取り始めた方なのですが、とても親切に色んなことを教えて下さったので、是非志望理由書を添削してもらいたいと思い、お願いしました。

UCIに期待するものとは?
UCIのある地域の治安がめっちゃいい(全米でも治安がいい都市1位になったことがある)ことがうれしいです!
そして、カリフォルニアディズニーにも近い(車で20分)ので楽しみです!
色んな国籍やバックグラウンドを持つ人とUCIで交流することで、広い視野や多様な価値観を習得できたらいいなと思ってます

後輩に一言お願いします!
大学生のうちは、交換留学に限らず、なんでもいいので、何か目的を持って自発的に行動した方がよいと思います。
そうしないと、ただ大学に行って授業を受けるっていう生活の繰り返しで、中身のない大学生活というか、、、以前の私もそうでしたけど(笑)
私は交換留学をする道を選んで良かったと思ってます。自分を見つめなおす時間ができたし、将来について深く考えることができたからです。モチベーションの高い仲間に出会えたのもよかったです!ただ楽しむのもいいですが、短い大学生活なので、やっぱり目的を持って行動することが大切だと思います。
私はみんながみんな交換留学に行った方がいいとは思いません。交換留学って想像以上に大変だからです。(長期的に忙しいです。)テキトーにやると挫折する可能性が高いので、目的を明確にして、やるからにはしっかりと強い意思を持ったほうがいいです。
そして、短期・長期の留学経験がなくても、英語が得意でなくても、自分のやる気次第でなんとでもなるので、交換留学に行きたいという思いがあるのなら是非トライしてほしいです!

交換留学中の石井さんにインタビュー! 交換留学先での生活について!
とにかくアーバインは車がないと不便です。日本の交通システムの素晴らしさを再認識しますね。
あとは、物価が高いです。日本食ももちろんですが、日本で食べられる安いのに美味しいご飯が恋しいですね。
そして、やはり現地の友人を作るのがとても難しい。そして、ネイティブの英語が聞き取れないです。


交換留学中の石井さんにインタビュー! 交換留学先で戸惑ったこと!
交換留学先でアカデミックライティングのクラスをとってるんですが、日本で習ってきた書き方を全否定されていて困惑してます笑

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか? カリフォルニア大学は慶應の交換留学先の中で一番の人気を誇ります。通常の出願書類では歯が立ちません。

無料相談会

アメリカ、カリフォルニア大学への交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

アメリカ、カリフォルニア大学への交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA