交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜分野横断的な学びを〜 サウサンプトン大学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 石川佳永子さん」

〜分野横断的な学びを〜 サウサンプトン大学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 石川佳永子さん」

〜分野横断的な学びを〜 サウサンプトン大学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 石川佳永子さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の下川です!

今回は、イギリスのサウサンプトン大学に交換留学する、慶應義塾大学3年の石川佳永子さんにインタビューしてきました!
ゼミで学んでいる内容を存分に生かし、交換留学先でもその研究に取り組もうとしていています。交換留学に行って専門性を上げたいと思っている人も多いのではないのでしょうか?
サウサンプトン大学ではどんな学問が盛んなのでしょうか?知識をぐっと深めたい方、必見です!

さて、まずはサウサンプトン大学がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.サウサンプトン大学とは???


イギリスの海沿いの街、サウサンプトンに位置する大学です。約20000人の学生のうち約5000人が交換留学生です。非常に多いですね!
サウサンプトン大学は研究に力を入れているだけではなく、専門分野と産業界との連携を図ることに努めています。
また、企業をキャリア・デイに頻繁に招待したり、学生に無償のキャリア相談サービスを行っていたりと、学生のキャリア支援にも非常に強力的な学校です。
交換留学生に対してのサポートも手厚く、無料の空港での歓迎サービスや、快適な学生生活を送るための交換留学生同士のネットワーク支援など、温かい待遇が魅力です。
つまり、交換留学生にも正規学生にも温かい待遇が魅力の、研究が盛んな学校であるということができます。

2.サウサンプトン大学に行く 石川佳永子さんにインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、サウサンプトン大学に交換留学に行きたいと思ったきっかけを教えてください。
大2の9月に高校時代に留学していたアメリカに帰ったとき、そこでお世話になったホストファミリーに勧められたことがきっかけでした!
それももあって、最初はアメリカの大学ばかり見ていました。でも、私がその時ゼミで研究していたテーマがイギリスと北朝鮮だったので、イギリス視点から国際関係を学びたいと強く思い、イギリスにしました。今はテーマを変え、イギリスの難民政策をメインに研究しているので、その時にイギリスを選んで本当に良かったと思っています。サウサンプトン大学を選んだのは、様々な分野を横断的に学べて、研究分野が進んでいる大学だからです。国際関係学とイギリス史を合わせて勉強したかったので、ぴったりだと思いました。

IELTSはどうやって勉強しましたか?
交換留学を決意してから、出願まで本当に時間がなかったので、アメリカから帰国後すぐに受けたIELTS 6.0で出したと思います。大学に入学してから全く英語の授業を取っていなかったこともあって、英語力を取り戻すのにはかなり苦労しました笑 今までTOEFLしか受験したことがなかったので、IELTSに慣れるまでかなり時間がかかりました。特にwritingが弱かったので、target band7という緑の参考書を同じ派遣先に行く先輩から教えてもらい、勉強しました。2週間ほどでスコア7がとれたので、その教材はかなりオススメです!!?

エントリーシートには何を書きましたか?
ちょうど同じゼミに所属していた交換留学から帰国してすぐの先輩がいたので、何度も添削して頂きました。特に、英語は何度も文法的に正しいかどうか見ていただいた記憶があります。

面接で何を聞かれましたか?
おばさん(書記)、おじさん(質問、仕切る人)、若いおじさん(質問)がいました。
・なぜイギリスに留学したいのか、そこでなにを学びたいのか、手短に
→現在ゼミで学んでいる国際安全保障学の知識をイギリス視点で学び、専門性を高めたいこと。
また、先学期研究をしていた北朝鮮韓国の南北問題について、北朝鮮とイギリスの関係に注目しながら、より公平な見方を養いたいこと。
の2つを詳しく説明しました。・向こうでは具体的に何を学びたいのか
→国際関係学と国際安全保障学を学びたいです。・英語はこのさきどうやって点数をあげるか
→Listening, Reading,Speakingは現状よりもさらに高めるとともに、足を引っ張っているWritingについては量をこなし、要点を掴む文や言い回し、単語数を増やし、次のIELTSでは目標点数以上を越えます。・高校時代にはホームステイだったが、今度の留学は寮に住むことになり、大変だと思うが大丈夫か
→はい。日本では実家から大学に通っていることもあり、留学先では初めての一人暮らしとなりますが、社会に出る前のさらなる自立に繋がる絶好の機会だと思っています。

・第6希望までの大学でも留学するか
→はい。留学をすることで、他国の視点から国際関係、国際安全保障学を学びたい為です

サウサンプトン大学に期待するものとは?
日本で研究できない分、イギリスの大学だからこそ学べることを存分に吸収したいです。またフィールドワークも行おうと思っていて、イギリスの難民政策の現状はどうか自分の目で確かめたいです!
分野横断的に学べるのも、SFCとどれほど違うのか、確かめてみたいですね?

後輩に一言お願いします!
留学の選考中、不安になることも多いと思います。面接は特に自分を信じて、第1志望の大学に行きたいと思う気持ちをいかにアピールできるかがポイントだと思います。面接前私は自信が持てず、かなり練習をしてから臨みました。頑張ってください?

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?交換留学すると、他国の学生との交流だけではなく、今現在大学で学んでいることとの比較から、視野を広げていくのも素敵だなと感じました:)
交換留学で自分の見ている世界の幅を広げたい!というのは多くの人が感じることかと思います。その「幅を広げる」方法に関してもう一度考えてみると良いかもしれません!
石川さん、素敵なお話ありがとうございました!

交換留学.comでは以下のようなサービスで交換留学を希望したり、交換留学に行かれる方を応援しています。
あなたも交換留学への一歩を踏み出してみませんか?

無料相談会

イギリスへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

イギリスへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 
保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA