交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

「国内大学交換留学プログラム・フルサポートパック」の提供、「国内外の語学学校等のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」「各種留学等に関するカウンセリング&コンサルティング」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

【交換留学インタビュー】慶應初の海外提携校 ウェスタンミシガン大学に行く慶應義塾生にインタビュー「4年 塩田あすみさん」

【交換留学インタビュー】慶應初の海外提携校 ウェスタンミシガン大学に行く慶應義塾生にインタビュー「4年 塩田あすみさん」

【交換留学インタビュー】慶應初の海外提携校 ウェスタンミシガン大学に行く慶應義塾生にインタビュー「4年 塩田あすみさん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回はウェスタンミシガン大学に交換留学予定の慶應義塾大学の塩田あすみさんにインタビューさせてもらいました。

ウェスタンミシガン大学は日本の提携校が多く、今まで交換留学した人と学長が日本に来て同窓会を行うんだとか。
とても親日な大学です。塩田さんは4年生の交換留学ということもあり、今年3年生で出願される方も参考にしてください。

まずは、ウェスタンミシガン大学がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.ウェスタンミシガン大学とは???

ウェスタンミシガン大学はミシガン州にある慶應義塾初の交換留学提携校です。設立は1905年です。積極的に交換留学生を受け入れており、100カ国以上の国から2000名近い交換留学生を受け入れています。日本と深い関わりを持っており、日本語・日本文化センターが設置されています。

2.ウェスタンミシガン大学に行く 塩田あすみさんにインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、交換留学に行きたいと思ったきっかけを教えてください。

最初に交換留学を意識したのは高校時代にスタンフォード大学に短期留学した時でした。留学を通じて、英語力を鍛える必要性を感じると共に成長して再び留学をしたいと思いました。

大学に進学した後は、忙しい期間が長くなかなか交換留学に出願できませんでした。
1年生〜3年生の時まで語学の授業や難易度の高い授業を履修しており、交換留学に出願する余裕はありませんでした。また、2年生はサークルで忙しく、交換留学を考える余裕がありませんでした。3年生になって初めて余裕が生まれて、ゼミの論文を書いている時にもっと勉強したいと思えるようになりました。

私はアメリカで法律を勉強したいと思っていたので、志望できる大学はウェスタンミシガン大学に決まりました。(通常、アメリカではロースクールで法律を学びます。)
ゼミの論文を書いたすぐ後に対策を始めました。


トフル(TOEFL)はどうやって勉強しましたか?
ゼミの論文を書き上げた後に勉強して80点代をとりました。単語力をあげることに重点を置いて、単語帳を何周もしました。あと過去問をといて実際のテストの感覚に近づけました。
ウェスタンミシガン大学は70点でも出願できますが、80点ないと基礎英語という授業を取らなくてはいけません。交換留学中に取得できる12単位のうち基礎英語は5単位になります。ウェスタンミシガン大学で本当にとりたい授業が取れなくなってしまうので、本出願の2月中旬までに80点以上を取得することをお勧めします。


ウェスタンミシガン大学を選んだ理由は何ですか?
理由は三つありました。まず、business lawが勉強できることでした。所属学科の授業にない法律科目を英語で学びたいと考えていたため、ウェスタンミシガン大学のシラバスは魅力的に感じました。また、外交官になることが将来の夢なので、英語力を強化するためディスカッション系の授業を履修しています。
次に、ウェスタンミシガン大学は慶應と初めて交換留学協定を締結したということもあり、安定したサポートを受けられると感じました。
最後に、帰国が早い大学がよかったということです。ウェスタンミシガン大学は4月下旬に帰国可能で、官庁訪問を控えている私にとって帰国が早い大学は大歓迎でした。 ウェスタンミシガン大学しかこれらすべての条件を満たしてくれなかったので、単願に近かったです笑


面接で何を聞かれましたか?
交換留学をしたい理由や、交換留学先の大学を決めた理由を話しました。
この大学でしか履修できない授業の話、慶應義塾と交換留学派遣の歴史が長く、安定したサポートが受けられるのではないかと思った話をしました。
また、帰国後にどのような進路をとるかについても聞かれました。
私は 当時大学院進学を考えていたので、その話をしました。4年生出発の交換留学ということで帰国後の話が主に聞かれました。



エントリーシートには何を書きましたか?

サークル(国際交流)での経験のことを述べ、ゼミや普段の授業で学ぶうちに多角的に法律を勉強できたらいいと思うようになったと書きました。そして、もっと学びたいという思いと、交換留学に行きたいという思いが結びついたという構成で志望理由書を書きました。

留学計画書はどういう授業をとりたいかを具体的に書きました。business lawの授業はアメリカではウェスタンミシガン大学でしか履修できなかったのでかなり具体的に書くことができました。


ウェスタンミシガン大学に期待するものとは?
現地でしか学べないことを学び、現地でしかできない経験をしたいです。
アメリカという環境を生かして、様々な文化や現地の風土を体験したいです。いろんな国籍の人と関わる環境は交換留学先ならではのものだと思います。
また、慶應義塾にはない専門分野が学べることが非常に楽しみです!


後輩に一言お願いします!
 交換留学したいという思いがあるなら、ぜひ挑戦してほしいです!それにあたり、交換留学で何をしたいかしっかり目標をもつことが重要だと思います。行きたい大学があるなら、その大学について十分調べて、実際に行った時とのギャップがないようにして欲しいと思います。
特に4年生は、帰国後自分がどうしたいかを考えておくことが大切だと思います。自分がどうしたいかわかっていれば、交換留学にためらいは無くなるはずです!頑張ってください!

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか? アメリカの交換留学は非常に倍率が高く、戦略的に選考を受ける必要があります。

そして、交換留学は語学力の準備に時間かかります。また、交換留学の選考には十分な対策が必要です。

無料相談会

アメリカへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

アメリカへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA