交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

「国内大学交換留学プログラム・フルサポートパック」の提供、「国内外の語学学校等のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」「各種留学等に関するカウンセリング&コンサルティング」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜交換留学への再チャレンジ〜 ヨーク大学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 山本桃子さん」

〜交換留学への再チャレンジ〜 ヨーク大学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 山本桃子さん」

〜交換留学への再チャレンジ〜 ヨーク大学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 山本桃子さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回はヨーク大学に交換留学中の山本桃子さんにお話をお聞きしました。山本さんは一度短期留学に行き、再度の長期留学をしたかったということで交換留学を決意されたようです。

何事もそうですが、一歩を踏み出してみることが大切ですね!

1.ヨーク大学とは???

ヨーク大学は1963年に設立された比較的新しい大学です。当時は28人と230人の学生が在籍していたようです。その後、学生も増え、現在では16000人の学生が在籍しています。4人に1人が交換留学生という国際性の強い環境で、イギリスでも人気の高い大学です。

2.交換留学にいきたいと思ったきっかけ

もともと海外に興味があったことや高校1年次にアメリカへ短期留学をした経験から、漠然と長期留学に行きたいなという気持ちはずっとありました。
高校1年次のアメリカへ短期留学は、1カ月と短い期間でしたが、自分の“あたりまえ”だったことがどんどん崩れていくのがとても刺激的でした。また、様々な国の友達と話したり、遊んだりして、とても世界が広がったように感じたのを覚えています。一方で英語力不足や、自分の知識不足も思い知って、日本でたくさん学んで、またいつか留学にチャレンジしたいという気持ちがずっと心にありました。
交換留学への出願を決め、具体的に動き始めたのは2年の夏前あたりです。

3.IELTS(アイエルツ)の勉強方法

WritingとSpeakingはIELTS対策の講習に参加し、ListeningはTEDを聞いたりしながら楽しみつつ勉強していました。また、Listeningはスペルミスをしないように、出題されそうな単語のスペルをよく確認していました。
私は、4つのパート(Reading, Listening, Writing, Speaking)の中で、どこかが上がると、どこか下がるということがありました(笑)すべてのセクションで一定のスコアをキープするには、多少の慣れも大事なのかなと思います!

4.ヨーク大学に交換留学しようと思った理由

まず、都会よりも田舎が好きなので、緑あふれる、のんびり、ゆっくりしていそうな大学を探しました(笑)

イギリスは国際関係学発祥地かつ中心地であることや、EUや難民の勉強もできることからイギリスに決めました。EUの良い点を私は今まで勉強してきたので、次はイギリスで逆の立場から勉強してみたいと考えていたこともあります。

また、日本では西洋史を勉強していることもあり、ヨーロッパの街並みが大好きで、ヨークの素敵な写真を見て、心惹かれました!最後の決め手は、ヨークはスイーツの街、特に私の大好きなチョコレートの街と知ったことです。(笑)


美味しそう・・・

5.エントリーシートの書き方

何をしたくて交換留学するのか、どうして慶應・日本を今出なきゃだめなのか、中学・高校・大学と何をしてきたのか、どんなことに問題意識を持ってきたのか、などを1つのノートに書き出して、考えました。自分の軸やアピールポイントを念頭に置いて書きました。また、自分の書いた志望動機や交換留学計画を、批判的に見てみるのも大事なのかなと思います。

6.面接で聞かれた内容

・面接には日本人の面接官の方2人と学事の方が1人いらっしゃいました。
・Q志望理由を簡潔に教えて下さい。
→A. 国際関係学の中心地イギリスで学び、同時に難民やEUについても学びたいからです。

・Q慶應での専攻と交換留学先で学ぶことが異なるけれど、今までの学んだことをどう生かしていきますか。(私は慶應では西洋史を専攻し、ヨークでは国際関係学を専攻します。)

→A.
現在の世界の国際関係の根底には歴史があると私は考えています。世界の”現在”の状況だけを見ても解決できない国際問題が多くあります。歴史について詳しく知っていることが私だからこそ、他の人とは異なる視点から国際関係についてアプローチできると考えています。

・Q交換留学先では具体的にどのような授業を取る予定ですか?
→A.
基本的に提出した交換留学計画に沿って答えました。どうしてその授業が今の自分に必要なのか、日本では十分ではない理由を答えました。

他には
Q国際関係学について慶應で学んだ事を具体的に教えてください。
Q今まで多様性を感じた経験はありますか。
Q将来就きたい職業について
などの質問がありました。

7.ヨーク大学に期待するもの

ずっと世界のトップレベルの人たちに会いたいという思いがありました。勉強はもちろんですが、ボランティア、サークルなど外に出ることも大事にしたいです!

8.後輩に一言

迷ったらぜひ出願してみる事をおすすめします!出願準備にあたって、志望理由や語学スコアなど、たくさんの時間と労力をさくことになるかもしれません。受かっても、落ちてしまったとしても、自分自身のこと、今まで自分が何をしてきて、何を感じてきたのかをじっくり考え直す良いきっかけになると思います!

私も出願にあたって、たくさんの素敵な先輩方にお世話になりました。迷ったり、悩んだり、わからないことがあったら、ぜひ先輩に連絡を取ってみてください!私もサポートします!

 

9.交換留学に関する履修について ※交換留学中の山本さんに追加でインタビューさせていただきました!

ヨーク大学から合格をもらった時点では、メールで”3年生の授業は履修できません”と言われていました。しかし、実際ヨークに来て、履修登録期間にスーパーバイザーと話したところ、そんなことはなく、むしろ3年生の授業もぜひとりなさい!ぐらいの勢いでした。また、交換留学生が取れないとされている授業も、言えば取ることができます。専攻によるとは思いますが、授業履修については、かなり融通がききます。

10.交換留学先の交換留学生の割合について

特に根拠もなく、政治学科は交換留学生が多いのではないかと想像していました。しかし、この学科に所属する交換留学生は少ないと感じています。特にアジアからの交換留学生は政治学科にはほとんどいません。交換留学生が少ない分、大変なことも多々ありますが、色々な面で鍛えられるなとも感じています。

私が認識している範囲内では、ヨーク大学には”交換留学生向けの授業”のようなものはないと思います。(英語の授業以外)

11.交換留学先の手続きについて

想像はしていましたが、手続き等に関しては適当&遅い、と感じることが多いです。例えば、重要な書類の発行を忘れられていたり、BRP(ビザカード)を紛失されたり、とても悲しいです。(しかし周りの友人は問題がおこってないので、私がアンラッキーなのかもしれません笑) 何かあるとStudent Hub(手続き関係を取り扱っている所)に行きますが、だいたい役にはたちません。まずいと思ったらすぐに自分で動いてなんとかするしかないです。(笑)

12.交換留学先のサークル活動について

日本でいうサークルのことをsocietyと呼んでいます。ヨーク大学にも、freshers weekという日本でいう新歓のような週があり、非常に楽しかったです!多くのsocietyがあります。Dance societyやyoga society, ポケモンGO society や SocieTEA(お茶を飲むサークル)など幅広いです!私も友人とよく参加しています。また、日本よりイベントも多く開催されている印象です。例えば、この間は、キャンパス内で行われたパンケーキを無料で食べられるイベントに参加しました。freshers weekにはキャンパス内に観覧車ができていたりもしました。

12.交換留学先の日常生活について

ヨークは歴史が深く、城壁に囲まれた中世の可愛い街並みが残っています。治安もとても良く、のんびりとしていて、とても心地よいです。困っていることは、強いて言うと、小さめの街なので、服を買うところが限られていることです。キャンパス内ですれ違う人に、その服持ってる!と心の中で言うことが何度かあります。笑
買い物は隣町リーズが栄えていて良いと思います。笑

13.まとめ

いかがでしたでしょうか?
慶應義塾の交換留学においてイギリスの大学の合格には非常に手間がかかります。

そして交換留学は語学力の準備に時間かかります。また、交換留学の選考には十分な対策が必要です。

無料相談会

イギリスへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

イギリスへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA